韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ15話】不細工の公女になりましたの最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「不細工の公女になりました」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」はこちら!

←前回 今回 次回→
第14話 第15話 第16話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「不細工の公女になりました」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。


【15話】ネタバレ

入団試験

テーヴの騎士団への入団試験のため、彼は騎士団長ヨセフと剣術試合をすることに。

剣を持っているのはテーヴだけであり、ヨセフは素手だ。

そしてテーヴがヨセフの体にかすり傷一つでもつけられたら勝ちと言う条件である。

一発で終わらせてやると言って威勢よく剣を構えるテーヴ。

しかしそんな彼をヨセフは挑発する。そんなやせ細った腕で剣がまともに振るえるのか?お嬢様にくっついて新しいメイドかと思ったよ!と。

その言葉にテーヴは怒り、剣で切りにかかるが、ヨセフに簡単に弾かれてしまう。

ヨセフの目つきは変わり、冷静に判断する頭が無ければ死ぬぞと言った。

ヨセフがあえて挑発したのは、テーヴを試すためだったようだ。

渾身の一振り

それからテーヴはヨセフに一方的に殴られ続けた。

実力の差は明白で、ヨセフの体に傷一つつけることさえできない。

ついにテーヴは地面に倒れこんでしまうが、それでも彼の目は死んではいなかった。

これまで最下層の平民としてもっと酷い目に遭ってきたテーヴにとってはこれくらいへっちゃらであった。

この程度で自分に巡ってきたチャンスを諦めたりしない。

そう自分を奮い立たせたテーヴは再び立ち上がり、剣を構える。

まだ終わってないってば!!と声を上げなら、必死に振るった彼の剣はヨセフの頬をかすり、傷をつけることに成功するのだった。

ついに弟子入りへ

渾身の一振りでヨセフの頬に傷をつけ、地面に倒れこんだテーヴ。

そんな傷だらけの彼の元にシルビアは駆け寄り、ごめんね…と謝りながらポロポロと涙を流す。

そして、まだ子供なのにいくら何でも酷いじゃないの!!とヨセフに怒った。

しかしヨセフは笑っていた。どうやらテーヴの戦う姿勢を見て、手加減をすることは出来なかったのだと。

そして頬に傷をつけられたヨセフは、約束通りテーヴを弟子として受け入れることを承諾する。

私の弟子ですのでと言って、彼を肩に抱え、治療するために引き下がっていった。

そんな彼の後ろ姿を見て、シルビアはテーヴとヨセフに感謝するのだった。

【15話】感想

無事テーヴはヨセフに弟子入りすることが出来ましたね。最後頬に傷つけられる瞬間、ヨセフはわざと避けなかったようにも見えましたがどうでしょうか。

描写が微妙なところなので、避けられなかったのか、あえて避けなかったのか、解釈は両方あるかもしれませんが。

どちらにしてもヨセフはテーヴの戦う姿勢や目つきを見て、心が動かされた感じがしますね。

今回 次回→
第14話 第15話 第16話

>全話ネタバレ一覧はこちら

 

-韓国漫画ネタバレ