韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ14話】不細工の公女になりましたの最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「不細工の公女になりました」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」はこちら!

←前回 今回 次回→
第13話 第14話 第15話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「不細工の公女になりました」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。


【14話】ネタバレ

ヨセフの返事は

テーヴに剣術を教えて欲しいというシルビアの頼みを、ヨセフは断った。

すぐに承諾してくれないのはシルビアも想定していたことである。

ヨセフはアトランテを守ることが自分の使命であり、出身も分からない子に剣術を教えることなどできないと言うのだ。

自分の剣術の記述は全てアトランテの物であり、公爵家に忠誠を誓わない者に教えるわけにはいかないと。

それならばテーヴを指導することはアトランテを守ることにつながるとシルビアは主張する。彼は私の護衛騎士になる男だからと。

しかしそんな説得してもヨセフを頷かせることは出来なかった。

彼はお嬢様の護衛はアトランテ騎士団員から厳選して配置しますと言い残し、立ち去ろうとするのだった。

シルビアの説得

立ち去ろうとするヨセフを必死に引き留めるシルビア。

彼女はここで引き下がるわけにはいかず、どうしてもと彼のことを説得する。

そして一度だけでいいからテーヴの実力を試す機会がほしいと言うと、さすがにヨセフは折れたようだ。

入団試験をやってから考えてみると言うのだった。

その言葉に、本当にありがとうヨセフ!!と言ってシルビアはガバッと抱き着く。

ヨセフは生意気なシルビアに厳しい態度を取りながらも、陰ではいつも彼女のことをかばってくれていた。

彼女のことを悪く言う騎士団員がいたら、ヨセフが厳しく叱っていたのだ。

アトランテへの盲目的な忠誠心で頭が固いと言われる騎士団長ヨセフだが、彼はシルビアが頼りにしている人物だったのである。

今も変わらずありがたい人だ…と彼女は感じるのだった。

入団試験

テーヴは剣を渡された。入団試験はヨセフとの剣術試合だという。

もしテーヴがヨセフに勝ったら弟子として受け入れると。

その言葉に周りの騎士団員はざわついた。ヨセフに勝つなど出来るわけもなく、実質拒否しているのと同じだと。

しかしテーヴは物怖じすることなく、むしろニヤッと笑って嬉しそうにしている。

かかって来いじじぃ!という威勢の良いテーヴに、お前を弟子にしたらその汚い言葉使いから叩き直してやると言うヨセフ。

失敗はしないでね!?とシルビアはテーヴのことを心配そうに見ているが、彼の威勢は止まらない。

心配しないで見てなって!望み通り倒して俺の師匠にするから!

テーヴはそう言って、剣を構えるのだった。

【14話】感想

ヨセフに勝ったらなんて厳しすぎますね。笑

騎士団長に勝てるわけはないと思いますが、勝てずとも才能を見込まれて入団というのが現実的でしょうかね。

ヨセフとテーヴの剣術試合、どうなるか楽しみです。

今回 次回→
第13話 第14話 第15話

>全話ネタバレ一覧はこちら

 

-韓国漫画ネタバレ