韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ31話】暴君の秘書官になりましたの最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「暴君の秘書官になりました」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」や「みんなの感想・レビュー」はこちら!

←前回 今回 次回→
第30話 第31話 第32話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「暴君の秘書官になりました」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。

【31話】ネタバレ

※韓国版を読んだものを簡単にまとめました。

煌びやかなお茶会

突然ドレスに着替えろと言ってくるカヒル。

彼はまじまじとロザリンのことを見つめており、彼女は戸惑った。

陛下…どうされたのですか…?と問いかけると、今度ネックレスが見えるドレスを着てほしいと彼は言う。

その言葉にロザリンは少し恥ずかしそうに頬を赤らめた。

結局今は着替えることなく、そのままロザリンは行く先もわからずカヒルについていくことに。

いつもであればティータイムのために庭に行くはずだが、今日はそうではないようである。

そしてロザリンが連れてこられたのは大きなパーティー会場。そこは華やかに飾られ、多くの貴族令嬢たちが集まっているではないか。

急遽カヒルの命令で開かれることになったわけだが、デリックが会場の準備から令嬢たちの招待まで迅速に手配したようだ。

お茶会だよ!ロザリンがやりたがっていたから!とカヒルは得意げに言い、彼女は唖然とする。

私がやりたいのはこんな煌びやかじゃなくて素朴なお茶会なのに…とロザリンは思うのだった。

礼法の先生

お茶会に参加してきた令嬢たちは皆ドレスを着飾っており、どうしてみんなこんなに力を入れてきたんだろう…?とロザリンは疑問を感じる。

それからロザリンの前にフリント男爵家のベッキー・フリントという女性が現れる。

彼女はカヒルが用意した帝国最高の礼法の先生。ロザリンの世話をしてもらうために呼んだのだ。

軽く挨拶を交わし、さっそく始めましょうかと言うベッキー。どうやらお茶会の主催者は、参加者全員に挨拶をしなければならないという。

ロザリンはゾッとするが、カヒルはそんな彼女の背中を押してきた。ここで待ってるから頑張ってきて!と。

そしてそんな光景を険しい表情でにらみつけている者が。エラである。

エラはロザリンをにらみつけ、怒りをにじませているのだった。

【31話】感想

カヒルはロザリンのためを思って豪華なお茶会を開きましたが、彼女が望んでいるのはそんなものではないのですよね…。

もっと素朴なお茶会を望んでいるわけですが、中々彼女の気持ちを理解してくれるのは難しそうです。

これから参加者全員に挨拶をして回ることになるみたいですが、やはりエラとも話すことになるのでしょう。何事もなければいいですが、何かしら問題が起こりそうな予感もしますね…。

このお茶会がどうなるのか、この後の展開が楽しみです。

←前回 今回 次回→
第30話 第31話 第32話

>全話ネタバレ一覧はこちら

-韓国漫画ネタバレ