韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ30話】暴君の秘書官になりましたの最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「暴君の秘書官になりました」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」や「みんなの感想・レビュー」はこちら!

←前回 今回 次回→
第29話 第30話 第31話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「暴君の秘書官になりました」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。

【30話】ネタバレ

※韓国版を読んだものを簡単にまとめました。

結婚は許さない

ロザリンが自身の望む平凡な暮らしについて語ると、カヒルは何かに引っかかったようだ。

誰と何をするだって!?と彼は表情が険しくなる。

彼女はどの発言がカヒルの癪に障ったのか分からず戸惑った。令嬢たちとお茶会をして…とあらためて説明するが、それじゃない!とカヒルは突っ込む。

カヒルが引っかかったのは、ロザリンが適当な男と結婚すると言ったこと。

取引のような結婚をしなければならない私の前で恋愛をしようと言うのか!と彼は怒っている。

ロザリンは口ごたえするわけにもいかず、結婚は許さないと言うカヒルにたじたじしているのであった。

突然の命令

その日の夜、カヒルはあることを命じるためにデリックを呼び出した。

カヒルの命令は、明日の午後にお茶会を開くよう準備しろと。盛大で華やかに、そして首都の全ての貴族令嬢たちが出席するといいとカヒルは言う。

社交界など全く関心が無かったカヒルの命令に、デリックはただただ戸惑った。

そしてロザリンのために開くお茶会だとわかり、彼は驚いているようだ。

続けてカヒルは命令を下す。お茶会に出すクッキーやケーキなどテーブルに並べるものは全て最高級で揃えるようにと。

もちろんロザリンと同年代の貴族令嬢は皆招待して、さらにロザリンを補助できる貴婦人も1人用意するようにと言う。気品あふれる有名な礼法の先生なら最善であるとも。

当然カヒルの命令に背くわけにはいかず、デリックは頭を抱えながらもその命令を受けるのだった。

会議中のロザリン

ロザリンは貴族たち数名と会議をしていた。

翌日にベルリオス神殿の建立を一緒に進行するベルロス神官が訪ねてくるからと、皆で一緒に夕食はどうかとロザリンは提案する。

神官様は国賓なのに一緒に食事だなんて…と皆少し戸惑っているが、ベルロスは皆平等だという教理を持っているから大丈夫だとロザリンは説明した。

むしろ皆で顔を合わせれば仕事も早く進むだろうと。

すると皆安心したようで、ロザリンの提案通り明日ベルロス神官含め皆で食事をすることに。

そこまででその日の会議は終わり解散すると、ちょうどそこにカヒルがやって来た。

一緒に行くところがあるのだと言ってくるカヒル。

ロザリンはサッと髪を束ねてカヒルについて行こうとすると、彼はドレスに着替えろと言ってくるではないか。

突然のことに彼女は戸惑っているのだった。

【30話】感想

ロザリンはカヒルがそばにいる限り結婚はできなそうですね。もちろん傍から離れることもできません。笑

そしてカヒルは令嬢たちとお茶会をしたいというロザリンの望みを聞いてか、急遽皇室で開催することにしました。

やはりそこにはエラも参加するのでしょうね…。何事もなくお茶会を終えることが出来ればいいですが…。

どんなお茶会が待っているのか楽しみです。

←前回 今回 次回→
第29話 第30話 第31話

>全話ネタバレ一覧はこちら

-韓国漫画ネタバレ