韓国漫画の感想考察(※ネタバレあり)

【ネタバレ29話】暴君の秘書官になりましたの最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「暴君の秘書官になりました」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」や「みんなの感想・レビュー」はこちら!

←前回 今回 次回→
第28話 第29話 第30話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「暴君の秘書官になりました」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。

【29話】ネタバレ

※韓国版を読んだものを簡単にまとめました。

貴族会議

ロザリンはカヒルに王冠を被せてあげ、そして2人は貴族会議へ向かう。

会議での議題はベルリオス神殿を建てる土地をどこにするかというもの。

貴族たちは皆カヒルに褒められることを期待して頑張って資料を作って来たようだ。

以前までであれば暴君なカヒルをおだてることに必死だった貴族たちも、カヒルの変化に伴って良い方向に変わっているようである。

話し合いの結果ベルリオス神殿の建立地はフレーチェル街に決定された。

議題は全て終わり帰ろうとするカヒルだが、パシータ公爵が言いたいことがあるらしい。それは皇帝カヒルの結婚についてだ。

ここにいる貴族たちは帝国の安定のためにカヒルが皇后を迎えることを望んでいる。特に皇帝派の貴族たちは自分たちの安定のためにも、しっかりと安定した皇室が必要なのだ。

その話を受け、君はどう思う?とカヒルはロザリンの意見を聞いて来るのだった。

結婚すべきか

皇帝として自分が結婚すべきかどうか、ロザリンに意見を求めるカヒル。

基本的にロザリンはパシータ公爵の意見に同意である。皇室の安定のためにはカヒルが結婚すべきなのだ。

ただ彼女には懸念があった。原作通りにエラが皇后になったってしまったら…と。

そんなことを心配しながらも、それは何が何でも私が止める!と心に誓い、結婚すべきであるとカヒルに助言するのだった。

ロザリンの言葉を受け、カヒルも皇后を迎える方向で心を決めたようだ。

皇后の選抜案を立ててくるようにとカヒルは貴族たちに言い残し、会議室出て行く。

ついに皇帝の許可が下りたということで、皆ホッとした表情を浮かべている。

それと同時に、自分の娘こそが陛下の結婚相手に相応しい!必ず候補に入れなければ!と多くの者たちが考えているのだった。

ロザリンの望む人生

カヒルとロザリンは執務室に戻り、そして彼は気になることがあると言う。

私の結婚は普通の結婚か?と。

その質問を受け、普通の結婚ではありませんよとロザリンは答えた。皇帝が皇后を迎えるのだから当然である。

しかし彼女の答えに顔色が曇るカヒル。

そして彼は話題を変えたいと言い、ロザリンが平凡な人生を望んでいることについて、さっきの続きを話すことに。

ロザリンは自身の望む平凡な人生を語り始めた。

普通の暮らしをして、適当な男と出会ったら結婚して、子供を産んで…と。

するとまたカヒルの表情が険しくなり、何だと!?と彼は言うのだった。

【29話】感想

今回またカヒルの結婚に関する話があがってきました。結婚を望まなかったカヒルですが、ロザリンの助言もありついに受け入れることにしたようです。

また煩わしいエラが登場してきそうな予感がしますね…。ロザリンにはどうにか阻止して欲しい。

それから会議の後に2人きりで話すカヒルとロザリン。

適当な男と結婚して子供を産んで…と彼女が口にしたとき、カヒルの表情は険しくなってしまいました。まあ他の男にとられたくないのでしょうね。

この後どうなってしまうのか気になるところです。

←前回 今回 次回→
第28話 第29話 第30話

>全話ネタバレ一覧はこちら

-韓国漫画の感想考察(※ネタバレあり)