韓国漫画の感想考察(※ネタバレあり)

【ネタバレ27話】暴君の秘書官になりましたの最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「暴君の秘書官になりました」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」や「みんなの感想・レビュー」はこちら!

←前回 今回 次回→
第26話 第27話 第28話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「暴君の秘書官になりました」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。

【27話】ネタバレ

※韓国版を読んだものを簡単にまとめました。

ピンクダイヤの状況は

会議に出席していた者たちは退室し、ロザリンはカヒルと2人きりで話をすることに。

例のピンクダイヤはどうなったのかとカヒルが聞いてくるが、採掘量の少ない貴重な宝石であるため、ロザリンはまだ入手できていなかった。

それならばとカヒルは自分のかぶっている王冠をくれると言い出すではないか。

しかしそれは帝国皇室の宝であり、当然ロザリンとしては受け取るわけにはいかない。

王冠を受け取らない代わりに、必ず明日までにピンクダイヤを入手してくることを約束させられることに。

ロザリンはカヒルの振る舞いを見て、この状況を楽しんでるんじゃないよね…?と心の中で思うのだった。

カヒル直々のデザイン

翌日、ロザリンは無事ピンクダイヤを手に入れることができた。取り扱っている店を何とか見つけて確保してもらえたのだ。

店でその宝石を受け取ろうとすると、デザインは全て陛下がお考えになりました!と店員は言ってくる。

どうやらロザリンがピンクダイヤを確保した後、カヒルは別途人を送り込んできて、彼女の知らないところで手配していたようだ。

特別な方のためのプレゼントのようですねと言いながら店員は笑っている。プレゼントの相手がまさか受け取りにきた秘書官ロザリンだとは知る由もない。

彼女が実際に見てみると、シンプルで優雅な形のピンクダイヤがよく似合うネックレスだ。

ロザリンはそれを受け取り、皇宮へ帰るのだった。

ネックレスを持って行くと

皇宮ではカヒルが訓練場を訪れていた。

騎士たちの訓練を見ていたところ、ピンクダイヤのネックレスが完成しました!と言ってロザリンが持ってくる。

とはいえそれは自分へのプレゼント。このまま私が貰って行けばいいですか…?と少し戸惑い気味のロザリンだが、カヒルがそのネックレスをつけてくれると言う。

ここは訓練場で周りにも人目が多く、ロザリンはためらうが、カヒルはどうしても自分の手で彼女にネックレスをつけてあげたいようだ。

ロザリンはやむを得ず、カヒルに言われるがままに後ろを向く。

ネックレスを首に回してつけてあげようとするカヒルだが、思ったより難しいようでうまく出来ない。

緊張しているからなのか…?なんで俺が緊張するんだ…?とカヒルは少し動揺しているのだった。

【27話】感想

カヒルの希望通り、ロザリンは無事ピンクダイヤを入手することが出来ました。カヒル直々のデザインにより、それはネックレスとして加工されることに。

きっとロザリンに似合うと思いますが、カヒルは緊張からか、うまくネックレスをつけてあげることが出来ません。やっぱり好きな人相手だと彼でも緊張してしまうのでしょうね…。

この後どうなってしまうのか楽しみです。

←前回 今回 次回→
第26話 第27話 第28話

>全話ネタバレ一覧はこちら

-韓国漫画の感想考察(※ネタバレあり)