韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ23話】公女様は休みたいの最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「公女様は休みたい」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」や「みんなの感想・レビュー」はこちら!

←前回 今回 次回→
第22話 第23話 第24話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「公女様は休みたい」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。

【23話】ネタバレ

※韓国版を読んだものを簡単にまとめました。

突然の訪問者

ルビアとマリーが食事を終え、寮の部屋に戻ってくるとビスナーが待っていた。

彼はこの間のお礼をしにやって来たのだと言う。

そして、彼が使用人に持ってこさせたのはまたしてもドレスであった。

気持ちはありがたいけど…と断ろうとすると、あなたが恩人であることをどうかわかってくださいと言うビスナー。今まで恐ろしさに怯えて逃げていたばっかりのビスナーは、ルビアに出会ったことでこれからは恐れずに戦おうと改心したのだと。

そして、ルビアにどんなお礼をしようか悩んでいた時に、持病で体が弱いルビアが公王の反対を押し切ってアカデミーに入学したため、公国からの支援を受けられずに金銭的に苦しんでいるという話を知ったと言う。さらに、今回の宴会でルビアがどんなドレスを着て来るか楽しみだとバカされていたことを知ったのだと。

高貴で美しい内面を持ったルビアの少しでも助けになるように、ドレスを準備をしたと言うのであった。

ビスナーのドレス

部屋で水色の洗練された美しさのドレスを見つめるマリー。

結局、心のこもったビスナーの贈り物を断ることはできず、受け取ることにしたのだ。

ビスナーは自分の話をする際に家門は名乗らずに、カイメルン王国だということだけ言っていた。おそらく言えるほどの貴族出身ではないということで、きっとドレスを無理して買ったのだろうと思うルビア。

しかも、カイメルン王国は前世で携わった国と同じ中部地方で縁がある。

マリーはこのドレスを着て今日の新入生歓迎会に出席し、バカにしてきた令嬢の鼻を明かしてやりたいと言う。

ルビアは少し悩むと、少しだけ顔を出すことにするのであった。

新入生歓迎会が始まり、ソフィアンとその取り巻きの令嬢たちはルビアの悪口を言って楽しんでいるのであった。

【23話】感想

ビスナーもドレスをプレゼントしてきましたが、新入生歓迎会で着るドレスはビスナーから贈られた物にするのでしょうか?

新入生歓迎会に出席したルビアを見るのが楽しみです

←前回 今回 次回→
第22話 第23話 第24話

>全話ネタバレ一覧はこちら

-韓国漫画ネタバレ