韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ26話】暴君の秘書官になりましたの最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「暴君の秘書官になりました」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」や「みんなの感想・レビュー」はこちら!

←前回 今回 次回→
第25話 第26話 第27話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「暴君の秘書官になりました」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。

【26話】ネタバレ

スピード令息への罰

3年前の冬、貴族たちは酷い寒さを口実に毛皮にかかる税金を減らすよう訴えてきた。

減った税金分は孤児や寡婦を支援する貧民救済の予算を削減すればよいと彼らは言ってきたのだ。

カヒルは当時のことを思い返し、それは帝国民に重大は被害を与えた重罪だろうと言う。

そしてスピード令息を騎士団に入団させて国境地帯に送るようデリックに命じた。滞在期間は5年である。

剣をまともに振ったことのないスピード令息を国境地帯に送るなど、死ねと言っているようなもの。

ただカヒルの性格からするとそれはまだ軽い方であり、デリックも大人しく従うのだった。

不審に思うロザリン

それからロザリンの元には両親から手紙が届いた。スピード令息が志願して国境付近の騎士団に入隊したとのことで縁談はなしになったのだと。

突然のことに驚くロザリン。縁談を持ち掛けた側が急に国境に行くなど不自然である。

疑問を感じるロザリンの頭にはふとカヒルが浮かんできて、こっそりとデリックを呼び出して話を聞いてみることに。

スピード令息の件についてデリックは自分が処理した件だということを認めたが、ロザリンとの関係性は否定した。

ただカヒルが最近買い占めや転売の状況を注意深く見ていて、スピード家が不当な利益を得ていたことが偶然発覚しただけなのだと彼は説明する。

ロザリンは腑に落ちずに問いただすものの、デリックとしても本当のことを言うわけにはいかない。絶対に言うなとカヒルから命令されているからだ。

デリックは最後まで誤魔化し通し、逃げるように退散していくのだった。

遅れて会議へ

デリックから納得のいく話を聞けなかったロザリン。

縁談が入った時期とスピード家の不正が発覚した時期がたまたま被っただけとは、やはり不自然である。

しかし、私のことでここまでするわけないか…と彼女は思い直し、ただの偶然だろうと思うようにするのだった。

それから会議に遅れてやってきたロザリン。

なぜ遅れたのかとカヒルが聞くと、両親から急ぎの連絡がありまして…と彼女は答える。

その返事に、縁談が取り消しになったのだなとカヒルは察した。これでもう秘書官を辞めるとは言わないだろうと思い、ホッとした表情を浮かべる。

じゃあ席に座ってくれ!大事な話がある!

カヒルはそのようにロザリンに言うのだった。

【26話】感想

縁談話があがった直後に国境付近の騎士団へ入ったスピード令息。やはりロザリンは不審に感じたようですね。

ただデリックは口を割らず、結局ただの偶然だろう思うようにして彼女は追及するのを諦めていました。

もしカヒルの策略だと知ったらロザリンはどう思うのでしょうか。彼女が今後真実を知ることがあるのか気になりますね。

←前回 今回 次回→
第25話 第26話 第27話

>全話ネタバレ一覧はこちら

-韓国漫画ネタバレ