韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ24話】暴君の秘書官になりましたの最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「暴君の秘書官になりました」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」や「みんなの感想・レビュー」はこちら!

←前回 今回 次回→
第23話 第24話 第25話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「暴君の秘書官になりました」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。

【24話】ネタバレ

ロザリンの悩み

ロザリンは夜眠れずにいて、一人ベッドの上で考えていた。

エテウス帝国の貴族女性は結婚をしたら仕事を続けることができない。

だからデリックとフイのように宮内恋愛をしようかと考えたが、イケメン過ぎるカヒルと比べると周りの男たちが皆ブサイクに見えてしまう。

カヒルのせいで変に理想だけ高くなってしまったようだ。

そしてなぜカヒルは自分を引き留めたのだろうかと疑問に感じた。元々小説のカヒルは人に執着するタイプではなかったはず。

唯一手放そうとしなかったのはエラだけだったのだ。

一体どうしたらいいの!?とロザリンは頭を悩ませているのだった。

彼女への求婚を知って

一方カヒルのほうも執務室で頭を悩ませていた。ロザリンが退職希望についてである。

絶対だめだ!死んでも許さん!と思いながらグッと拳を握りしめるカヒル。

彼女ほど優秀な秘書官など他にいるはずがないのである。

ロザリンは俺に惚れているんだ!と彼が言うと、そばにいるデリックは疑問を感じているよう。それは違うと思いますが…と。

それからカヒルはデリックに命じていたロザリンに関する調査結果の報告を求める。

彼女の心境に変化が起こるきっかけになりそうな出来事が何かないのか気にしているのだ。

するとデリックは一つ報告した。それはロザリンに求婚の手紙が届いたということ。相手はスピード伯爵家である。

その報告を聞いたカヒルの表情は一変し、苛立ちを隠せずにいる。

そして、今すぐその貴族家を調査しろ!とデリックに命じた。

デリックが部屋から出て行った後、カヒルはロザリンが他の男と結婚することを想像し、ゾッとした表情を浮かべる。

悪夢…いや地獄だ!と彼は思うのだった。

【24話】感想

ロザリンもカヒルもそれぞれお互いのことで頭を悩ませているようですね。何だかもどかしい感じがします。

そしてついにカヒルはロザリンへの求婚の存在を知ってしまいました。当然穏やかではないでしょう。

まだ登場していないですが彼女に求婚したスピード伯爵家の運命はどうなるのでしょうか。カヒルの怒りを買ってしまって無事では済まなそうですが…。

これからの展開がどうなるのか楽しみです。

←前回 今回 次回→
第23話 第24話 第25話

>全話ネタバレ一覧はこちら

-韓国漫画ネタバレ