韓国漫画の感想考察(※ネタバレあり)

【ネタバレ23話】暴君の秘書官になりましたの最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「暴君の秘書官になりました」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」や「みんなの感想・レビュー」はこちら!

←前回 今回 次回→
第22話 第23話 第24話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「暴君の秘書官になりました」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。

【23話】ネタバレ

休暇を終えてから

皇帝カヒルと貴族たちの会議。

そこにはもちろん秘書官ロザリンも参加しているが、彼女は何かをボーっと考え込んでいる。

休暇を終えて帰って来てから彼女の様子がおかしいようで、カヒルもそのことを気にしていた。

というのもロザリンは、両親から秘書官を辞めるよう説得されていたのだ。

彼女に届いた求婚は評判の良い伯爵家の令息からのもの。子爵家であるベリット家にとっては身に余る相手である。

だからこそ両親はロザリンが結婚して平凡で幸せな暮らしをして欲しいのである。

次の休暇までには返事をするということで、ロザリンは答えを保留にして休暇を終えてきたのだった。

ロザリンの望み

カヒルは会議の休憩時間にロザリンを呼び出した。

そして彼はロザリンに何か褒美をやりたいと言う。以前の宴会も立派に準備してくれて最近も仕事を任せすぎたからと。

これまで休みも増やしてくれなかったカヒルだが、望むことは全て叶えてやると言い出す彼にロザリンは驚いた。

欲しいものや望みを問われてロザリンは答えに困ったが、これからは自分のために幸せな人生を送ろうと決心し、ついに重い口を開く。

陛下、私の望みは…退職です!秘書官をやめさせてください!

そのようにロザリンが言うと、カヒルの表情は一変して険しくなり、それだけは絶対にダメだと突っぱねた。

カヒルが言う秘書官を辞める唯一の方法。それは死だけだと。

当然ロザリンが死を受け入れるわけもなく、カヒルのことを説得できずに退職の願いは叶わないのだった。

悩んだ末

夜ロザリンはベッドの上で一人考えていた。

カヒルが退職を認めてくれないのは予想外であったが、それでもよくよく考えてみたらこのまま秘書官として生きるのも悪くない気がしてくる。

忙しいスケジュールにも慣れ、カヒルも以前より気遣ってくれる。頑張った分お金も稼ぐことができ、今や高位貴族さえロザリンにぞんざいな態度をとることはできない。

秘書官を続けるとそれなりにメリットが多いのは事実なのだ。

しかしもしこの仕事を続けてしまったら、元々計画していた平凡で幸せな日常を送ることは出来ない。

悩んだ末に、やっぱりこのままじゃダメ!とロザリンは結論を出すのだった。

【23話】感想

今回の話はプロローグに描かれていた場面でした。退職を認めてくれず、辞める方法は死だけだと。まさに暴君らしい発言です。笑

案外秘書官を続けるのも悪くないとも思っていた様子のロザリンでしたが、悩んだ末にやっぱり辞めたいという結論を出したようです。

どう頑張ってもカヒルが退職を認めてくれるとは思えませんが…。一体ロザリンはどんな行動を起こすのでしょうか。続きが楽しみです。

←前回 今回 次回→
第22話 第23話 第24話

>全話ネタバレ一覧はこちら

-韓国漫画の感想考察(※ネタバレあり)