韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ47話】暴君を手懐けて逃げてしまったの最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「暴君を手懐けて逃げてしまった」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」や「みんなの感想・レビュー」はこちら!

←前回 今回 次回→
第46話 第47話 第48話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「暴君を手懐けて逃げてしまった」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。

【47話】ネタバレ

※韓国版を読んだものを簡単にまとめました。

魔法使いペイン

シャーリーズは暗黒街のとある記録室で、エヒリトやキーラ計画に関する資料を見ていた。

どうやらキーラ計画は皇室の支援なしに魔塔ですでに進められていたようだ。

そんな資料を読んでいると、そこに金髪の魔法使いの男が入って来て、とっさにシャーリーズは剣を突き付ける。

なぜ度々私の前に現われるのか答えなさい。答えなければ殺す。

そう言って詰め寄るシャーリーズに対し、手を組みたいのだとその男は答えた。

その男の名前はペイン。自身が魔法使いながら、魔法使いを殺すのが目的なのだと言う。

魔法使いを殺したがる魔法使いだって…?とシャーリーズは少し驚いた。

彼は秘密団体アルペリア所属でキーラ計画を集中的に追跡しており、シャーリーズのことを切実に必要としているらしい。

自身の腕に刻まれたアルペリア所属を証明する刻印を見せたうえで、シャーリーズのことを求めている理由を話し始めた。

どうやらシャーリーズにはどの人間にもない中毒性のある香りを持っているのだと。その香りは作り出せないものだという。

まさかエヒリトのかけらの香りなのかとシャーリーズは思うのだった。

シャーリーズの答えは

そしてさらに驚くべき事実が。なんとペインもまたキーラ計画の実験体だったというのだ。

シャーリーズはあらためてペインのマナの動きを感じてみると、確かに彼の体はエヒリトの力を流すために強制的に改造されたようであり、ほぼ死んだような体だ。

直感的にペインは危険な人物だとシャーリーズは感じたものの、殺すには惜しいとも思った。

結局手を組みたいという彼の要求を拒み、シャーリーズはその場を立ち去る。

アルペリアはあまり知られていないが、入団条件だけは有名だ。所属する場合は俗縁を立たなければならないのである。

今はまだディランの傍にいなければならない。シャーリーズはそのように考えたのだ。

ただペインは簡単には諦めないだろうという予感を彼女は感じているのだった。

皇宮に帰ると

シャーリーズが皇宮へ帰ると、早速ディランと庭園で顔を合わせることに。

彼女が着ているドレスはディランが初めて見るもの。

昨日カフーの邸宅に泊まっていたことを考えると、デルモン公爵家がプレゼントしたドレスだと考えるのが自然である。

ディランは嫉妬心からかグッと拳を握りしめた。

それから2人はいくらか会話を交わす。

今回の暗黒街を掃討する活躍を称える舞踏会を開くと言うディラン。

そうなれば主人公となるのはシャーリーズとカフーになるはずであり、本当にそれでいいのかなと彼女は疑問を感じた。

それからふとディランから予想外の質問が。

お師匠様…。小公爵が…お好きですか?

ディランはそのように唐突な質問を投げかけてくるのだった。

【47話】感想

シャーリーズのことを付け回して金髪の魔法使いですが、彼もまたキーラ計画の実験体だったようですね。そしてシャーリーズと手を組みたいのだとか。

決して悪い人ではなさそうですが、結局シャーリーズは彼の提案を受け入れず。いずれ仲間になりそうな予感もしますね。

またディランはシャーリーズが見たことないドレスを着ていて嫉妬しているようです。

カフーを交えた三角関係がどうなりますかね…。今後の展開が楽しみです。

←前回 今回 次回→
第46話 第47話 第48話

>全話ネタバレ一覧はこちら

-韓国漫画ネタバレ