韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ33話】悪役として生きていきますの最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「悪役として生きていきます」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」はこちら!

←前回 今回 次回→
第32話 第33話 第34話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「悪役として生きていきます」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。


【33話】ネタバレ

※韓国版を読んだものを簡単にまとめました。

肖像画の人物

イブリアとテオハリスの元に現われたエル。

彼は竜騎士を見たいという要請を受け入れて下さってありがとうございますと言ってくる。

竜騎士を完成させることが出来たのは鞍を作ったほうが良いというエルの助言のおかげでもあったため、イブリアも逆に彼に感謝するのだった。

また一緒にいるテオハリスは初対面であり、イブリアは彼を紹介した。

すると銀髪に赤目というテオハリスの特徴を見て、見覚えがあるとエルは言う。

エル・ロイツの先祖であるジェン・ロイツが絵がとても上手であり、その人が残した大魔法使いの肖像画にそっくりだと言う。

まさか本人だと思うわけがないエルは、大魔法使いの子孫ですか?と聞いて来るが、先祖が魔法を使ったことはあるとテオハリスは誤魔化した。

イブリアも焦って話を変え、ワイバーンでも見に行きましょうかと言うのだった。

聖剣を抜いた者

ワイバーンを見るだけではつまらないだろうとテオハリスは言い、一緒に乗ろうとエルに提案する。

手綱はテオハリスが握りワイバーンに乗って空を飛ぶと、空中を華麗に何回転も周り、さすがの手綱さばきを見せた。

地上に降りて楽しそうにしているテオハリスだが、エルは激しく空を飛んだことにより酔ってしまったのか、気分が悪そうにするのだった。

彼を心配するイブリアだが、エルは大丈夫ですと答える。

そして話は変わり、エルは霧山に刺さっている聖剣が抜かれてしまったようでそれを抜いた人を探していると言う。

まさにその張本人であるイブリアはギクッとした。

そしてエル曰く、聖剣を抜いた人はジェレイント王国の王位継承権を引き継ぎ、次の王になるのだと。

それが先代の残した言葉であり、王室で伝わっている話なのだと言う。

エルは説明を終えて立ち去っていくが、イブリアは愕然とした。

もしバレたら自分が国王になってしまうのだから。

誤魔化す方法

聖剣を抜いたものが国王になるという話を聞いたイブリアは、確認したいことがあり急いでラパッシュに手紙を出した。

ラパッシュから返ってきた答えによると、聖剣を見分けるには剣とセットの鞘が必要であると。そして魔法を感知する道具には反応するというのだ。

つまり何かあれば魔法剣ということにすればよいのである。

そんな方法で…と落胆するイブリアだが、しかしそれしか誤魔化す方法はない。

念のためしばらくはユピテルを持ち歩かないようにしようと考え、ユピテルもその間しばらく眠っていますと言うのだった。

兄が渡してきたもの

イブリアが屋敷内を歩いていると、彼女の前に兄のアーチボルドが現れた。

彼は何やら巻物のようなものを突然渡してくる。

それを受け取り開いてみたイブリアは、これは何ですか!?と少し驚いている様子であった。

【33話】感想

聖剣を抜いたものが次の国王になるなんて、イブリアにとっては唐突すぎますね。とりあえず隠して誤魔化すしかないでしょう。

またテオハリスの顔に見覚えがあるというエルですが、こっちも今後誤魔化すしかないですね。イブリアは隠し事が多くなって大変ですね。

最後に兄がイブリアに手渡してきたものが一体何なのか、気になるところです。

←前回 今回 次回→
第32話 第33話 第34話

>全話ネタバレ一覧はこちら

-韓国漫画ネタバレ