韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ43話】優しいあなたを守る方法の最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「優しいあなたを守る方法」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」や「みんなの感想・レビュー」はこちら!

←前回 今回 次回→
第42話 第43話 第44話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「優しいあなたを守る方法」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。

【43話】ネタバレ

※韓国版を読んだものを簡単にまとめました。

呪いを代わりに受けたのは

聖女ヨゼフィーナの部屋を破壊して入って来たノエル。

彼女は聖女の悲鳴を聞いて居ても立っても居られなく、心配して駆け付けて来たのだと言う。

9番目の翼であるノエルがこんなにも強かったことに驚く聖女。忠誠を誓ったノエルが強くなったことで、自分の力がまだ健在であることを知る。

聖女はイライラしたことがあったが解決したから大丈夫だと言う。そして、その相手はいつも聖女の邪魔をしてくるドラゴンであると。

一方、砂漠を歩いていたシグムンドは血を吐いてしまっていた。

彼はレティシャの代わりに聖女の呪いを受けたのであった。

シグムンドの過去

砂漠の上を寝転び、星空を見つめるシグムンド。

子供の姿をしているシグムンドは、自分が大人の姿をしていた時の昔のことを思い出した。

人間の女性が人は死んだら星になると考えれば寂しく感じないと。その時、シグムンドは人は死んでも星空ではなく、お墓の中にいると答えた。

その後、彼女のことを愛すようになったシグムンドは彼女の言葉の意味を理解するのであった。

2人は夫婦となり、共に公国を建て人間を治めた。

人間の寿命はドラゴンよりも非常に短く、彼女が死んだときにシグムンドは初めて喪失の苦痛を感じた。そして、1人残された自分を慰めるためにも彼女の子孫たちを見守ることにした。

しかし、結局シグムンドは公国を去ることになる。その時はそれが最善の選択であった。

一方、女神のディニュートは最後までやってみる選択をし、シグムンドとは違う選択をした。

しかし、たとえ方法は違っても人々の平和を願うという目標は同じだったから、彼らの選択は生存可能であった。

その後、ヨゼフィーナが聖女になってから、すべてが歪んでいった。

もし、自分が公国を去らなかったら運命を守ることができただろうかと、砂漠の上を歩きながらふと考えるシグムンド。

すると、青い光の姿になっているハインツが、 聖女ヨゼフィーナを殺しにいくのではなかったのですか?と彼に問う。

それが簡単にできたらとっくに殺しているとシグムンドは答えた。

そして、翼の力が生命を脅かす出来事や大きな苦難により発現すると言うと、それは聖女も同じだと言う。

聖女ヨゼフィーナがレティシャに呪いを最高レベルで発現させたことにより、彼女は聖女の力を覚醒する機会を得ることになるのであった。

短すぎる夢

一方、テントの中で眠り続けるレティシャをディトリアンは見守っていた。

ここ数日間睡眠がとれていなかったディトリアン。うとうとしていると、いつの間にか夢を見ていた。

ディトリアンは戦場となった公国の王城に立っており、公国は帝国軍に攻められていた。

そして、臣下のユルケンに時間がないから避けなければならないと言われると、ハッと夢から目を覚ますのであった。

夢にしてはやけに短すぎる夢なのであった。

【43話】感想

シグムンドが血を吐いた理由は、レティシャの代わりに呪いを受けたからだったのですね。苦しそうではありますが歩くことができるあたり、シグムンドの力はかなり強そうです。

また、聖女ヨゼフィーナが呪いを発現させたことにより、レティシャが聖女として覚醒する可能性が出てきました。眠り続けているのはそのせいなのでしょうか?

←前回 今回 次回→
第42話 第43話 第44話

>全話ネタバレ一覧はこちら

-韓国漫画ネタバレ