韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ47話】お父さん、私この結婚イヤです!の最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「お父さん、私この結婚イヤです!」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」や「みんなの感想・レビュー」はこちら!

←前回 今回 次回→
第46話 第47話 第48話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「お父さん、私この結婚イヤです!」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。

【47話】ネタバレ

※韓国版を読んだものを簡単にまとめました。

伝書鳩

マクスミリアンはフロエン公爵にバレずにジュベリアンに手紙を渡すため、伝書鳩を飛ばした。

絶対に届けるようにと強く言い聞かせ、マクスミリアンの迫力に怯えた伝書鳩は泣きながら飛び立つのだった。

一方ジュベリアンは自分の部屋で頭を悩ませていた。というのも明日は自分が主催するティーパーティーの日。

皆に招待状を送ったが果たして来てくれるだろうか。ベロニカの影響で誰も来なかったらどうしよう。

そのようなことを思い悩んでいたが、少なくともローズマリーだけは来てくれるだろうと前向きに考えた。あまり心配せずに準備をしようと。

そう思っていると窓の外からバサバサと音が聞こえて、目を向けてみるとそこには怖い顔をした鳩がいるではないか。

それはマクスミリアンが飛ばした伝書鳩であり、絶対手紙を届けるようにきつく言われているため必死である。

奇声を上げながら鬼の形相で部屋の中に入ろうとする鳩に、ジュベリアンは恐怖を感じた。なぜ鳩が私の部屋に!?と。

そこにちょうど侍女のメリリンがやって来て、ジュベリアンは助けを求めた。

窓の外の鳩を追い払うようにと言われたメリリンもまた、鬼の形相で鳩に向かって物を投げつけ、お嬢さんに近づくな!!と鳩を追い払う。

メリリンの迫力に鳩はひるんで帰っていくが、飛び去って行く鳩の足に手紙が括り付けられていることにメリリンは気づいた。

マズいことをしたかなという表情でメリリンは、その鳩が伝書鳩であったことをジュベリアンに報告する。

伝書鳩は通常外部に知られたくない手紙を密かに送るときに利用されるが、帝国の貴族では礼儀上のタブーとされており、大抵は戦場でしか利用されないのだ。

そのためジュベリアンも伝書鳩を見るのは初めてである。

ラブレターなのでは?とメリリンは一人で盛り上がっているが、ジュベリアンは全く違うことを思っていた。これは自分に恨みを持っている誰かの脅迫なのではないかと。

そう思いジュベリアンは不安を感じるのだった。

手紙の内容は

メリリンに追い返された伝書鳩はマクスミリアンの元に帰ったが、案の定こっぴどく絞られているようだ。なぜ手紙を届けずに帰って来たのだと。

伝書鳩からしたら板挟みの状態である。

そこにマクスミリアンの部下の者がやって来て、その手紙は何ですかと聞いてきた。

マクスミリアンは、ジュベリアンに渡すつもりだった手紙だと話し、中身を見せる。

するとその手紙には「私はお前を殺さない」とだけ書いているではないか。

その手紙が届かなくてよかったですねという部下。その一文だけ書かれた手紙が届いても、逆にジュベリアンが怖がることは目に見えているからだ。

マクスミリアンはレディーの扱い方の知らなさをグサグサと否定された。

そして部下の者は、皇太子として公女に近づきたいのであれば、まずは会うきっかけを作るべきだと話す。

マクスミリアンはひとまずそのアドバイスを素直に受け入れるのだった。

マクスミリアンにとってのチャンス

それからマクスミリアンは、皇居で何か新しい情報はないかと部下に確認する。

するとまず部下が報告したのは、いつものように皇后側がマクスミリアンに対するデマ情報を捏造して流していると。ただそれはいつものことであって、特に変わったことではないという。

そしてもう一つの報告は、レノックス辺境伯が兵力を蓄えていて、その話が皇帝の耳にも入ったということ。

その話に対し、レノックス辺境伯に連絡を取って接触するようにとマクスミリアンは命令するが、それは危険です!!と部下は止めた。

現在はレノックス辺境伯は皇帝にとって目に余る状況であり、その状態で接触したら反乱だと思われてしまうからだ。

だから危険であると部下は言うが、マクスミリアンは逆にチャンスだと捉えていた。成功すれば南部勢力だけではなく全帝国が自分の味方になるだろうと。

彼はこれまでの経緯を把握していた。皇帝がレノックス辺境伯を監視するためフロエン公爵を南部に送ろうとしていたこと。しかしそれを取りやめ、他の者を南部に送るよう変更したこと。

先日フロエン公爵に会った際に、殿下のおかげで南部に行かなくて済みましたので…と礼を言われたことで察したのだ。

それは言葉通り礼を述べたわけではなく、チャンスを掴めという師匠からの合図であると。

愚かな父が気づかない間に力をつけ、国民の支持を得るためのチャンス。

マクスミリアンはそのように考え、ニヤっと不敵に笑みを浮かべるのだった。

ティーパーティーの日

いよいよジュベリアン主催のティーパーティー当日。

パーティー会場は華やかに飾られて、上々の出来だ。

前夜の鳩襲撃によりバタバタしていたジュベリアンだが、何とか頑張って仕上げたようである。

そして招待した令嬢たちが会場に続々とやって来る。

もちろんローズマリーは来てくれたが、なんと予想外にもベロニカもやって来たではないか。

彼女の参加をジュベリアンは意外に感じ、ベロニカは何か気まずそうにペコリと頭を下げて挨拶をしてきた。

そしてジュベリアンは集まって来た令嬢たちを席に案内する。

本来、帝国貴族の礼法では、小さなパーティーであってもオーナー夫妻が招待客を迎えるのが定番であるが、父フロエン公爵が性格上そんなことをするわけがない。

ジュベリアンも自分だけでうまくやれると思い、一人で出迎えることを気にしていなかった。

しかし令嬢たちが何やらざわつき始め、あの方は公女様のお兄様でしょうか?などとひそひそ話をしている。

そのひそひそ話が聞こえてきたジュベリアンは、なぜ急にお兄様…?と困惑してふと目をやると、なんとそこには父フロエン公爵がいるではないか。

歓迎します!と言って優しい表情で令嬢たちを迎えるフロエン公爵。

そんな姿を見てジュベリアンは、父が…いつもと違う…!と思うのだった。

【47話】感想

結局マクスミリアンの伝書鳩作戦はうまくいきませんでしたが、まあ失敗して良かったですね。あんな内容の手紙が届いたらジュベリアンも恐怖でしょう。笑

またマクスミリアンはレノックス辺境伯と接触して何か大きな動きを見せようとしています。ジュベリアンとの関係とは別に、皇帝の父との権力争いのストーリーのほうも盛り上がってきそうです。

そしてひとまずはジュベリアンのティーパーティー!まさかのフロエン公爵が優しそうな笑顔で登場しました。初めて主催するパーティーがうまくいってほしいですね。

←前回 今回 次回→
第46話 第47話 第48話

>全話ネタバレ一覧はこちら

-韓国漫画ネタバレ