韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ9話】ウサギと黒ヒョウ様の共生関係 の最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「ウサギと黒ヒョウ様の共生関係」のネタバレと感想になります。

「あらすじ」「漫画や小説の先読み方法」「みんなの感想・レビュー」はこちら!

←前回 今回 次回→
第8話 第9話 第10話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「ウサギと黒ヒョウ様の共生関係」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。

【9話】ネタバレ

別の猛獣

ビビの前に現われた謎の男。彼はビビのことを持ち上げてクンクンと匂いを嗅ぎ、なぜこんな黒ヒョウのにおいが強いんだ?と不思議がっている。

そばにいるメイミが、お止めいただけますか?と言い、そしてちょうどそこにアヒンも現れた。

見ず知らずの肉食獣人を前にして、アヒンのことをいつになく頼もしく感じるビビ。彼女は逃げるようにアヒンの元へ行く。

そしてその男とアヒンは知り合いのようであり、汚いライオンのにおいがついたじゃないか!とアヒンは言う。

どうやら彼はライオン獣人で、ルーン・マニアンツという男らしい。

そのことを知ったアヒンは、黒ヒョウとライオンに囲まれているその状況に、ここは自分のいるところではないと思い絶望感を感じているようだ。

一方でアヒンはそんなビビをからかうようなことを言う。

ライオンのところに行きたいのか?この浮気物め。黒ヒョウ国では二重結婚は禁じられているんだ。

そんなことを冗談めかして言い、ルーンともあいさつ程度に会話を交わしてから、アヒンはビビを連れて帰るのだった。

ルーンは、帰っていくアヒンの後ろ姿を見て、相変わらず変なヤツだと呟く。

その声が聞こえてきたビビも、全くその通りにね!と頷いているのだった。

ウサギの正体は

部屋に戻ったアヒンは、服にライオンの匂いが着いてしまったようで嫌そうな表情をしている。ルーン・マニアンツ…悪ふざけしやがって…と気に喰わない様子だ。

そしてアヒンの元にはイブリンがやって来て、例の件の調査報告をする。

どうやらウサギ国の貴族の中で最近いなくなった者はいないのだと。商人階級まで対象を広げても行方不明者は見当たらないという。

その報告を受け、実に怪しいウサギだなと言ってアヒンはニヤッと笑う。

彼は拾って来たウサギはウサギ国の獣人だと予想していたが、調査報告によってそれが否定されてしまったのだ。

イブリン曰く、異種族の可能性もあるのではと。

貴族ではなかったか…と頭を悩ませている様子のアヒン。それでもウサギから感じたにおいは間違いなくフェロモンであり、だからこそ母も気を使っているのだと確信していた。

そしてイブリンは、直接自分がウサギの正体を調べてみると言い出す。

アヒンは少し黙り込み、ウサギを拾ってきた日のことを思い出していた。その時ウサギと一緒にいた者たちは興味深い会話をしていたのでる。

子供を猛獣に差し出してこいなんて命令は初めてだぜ。森の奥深くに捨てないと。必ず黒ヒョウどもに始末させろとの命令だからな。

彼らはそのようなことを言っていたのだ。

だからそのウサギが誰かに捨てられたということは間違いないとアヒンは確信しているのである。

そしてアヒンは、もしウサギを捜している者が現れたら殺せ!とイブリンに命令するのだった。

【9話】感想

新たに現れた男はライオン獣人でしたか!ウサギのビビからしたらライオンと黒ヒョウに囲まれて恐怖ですね。一体この物語には何種類の獣人が出てくるのでしょうか。

また調査報告によるとウサギ国の貴族で行方不明になっている者はいないと。その調査リストにはビビの名前は載っていないのですかね。それともビビの両親がビビを捨ててきたことを内緒にしているのか…。

ウサギを捜している者を殺せと命じたアヒンの心情も気になるところです。

←前回 今回 次回→
第8話 第9話 第10話

>全話ネタバレ一覧はこちら

-韓国漫画ネタバレ