韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ10話】ウサギと黒ヒョウ様の共生関係 の最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「ウサギと黒ヒョウ様の共生関係」のネタバレと感想になります。

「あらすじ」「漫画や小説の先読み方法」「みんなの感想・レビュー」はこちら!

←前回 今回 次回→
第9話 第10話 第11話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「ウサギと黒ヒョウ様の共生関係」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。

【10話】ネタバレ

名前があるはず

ビビはメイミに体を洗ってもらっていた。ルーン・マニアンツに遭遇したことで、ライオンのにおいが染みついてしまったからだ。

ルーンはライオン一族と協議があるたびに代表として現れる位の高い人物だという。

今後ルーンが来る日は散策は控えたほうが良いでしょうとメイミが言うと、ビビは素直に受け入れるのだった。

体を洗ってもらい終わった後、ビビはアヒンの部屋に戻るが、彼はまだにおいが消えていないと言う。

ビビとしては当然いい気分ではなく、ライオン獣人も黒ヒョウ獣人も皆ムカつく!と思っていた。

それからイブリンは、ウサギが屋敷に来てひと月くらい経つから名前を付けてはどうかと提案した。

しかしアヒンはその提案を拒む。というのも、おそらくすでに名前があるはずだと。

なぜあんたに分かるのよ!?とビビは驚くのだった。

アヒンに噛みつかれて

アヒンは何やら紙を取り出し、そしてビビの手を墨汁につける。それで自分の名前を書いてみろと言うのだ。

名前を付ければ情がわくから、お前の名前を知ったら長生きできるかもしれないぞとも。

ビビは彼に言われる通り、その紙に自分の名前を書いた。「ビビ」と。

アヒンは初めて知るウサギの名前を見て、ビビ…と呟き、少し笑顔を見せた。

それから彼は突然ビビの背中に軽く噛みつく。食べられてしまうと思って慌てるビビだが、ライオンのにおいを消してやるから大人しくしろと彼は言う。

アヒンが暫くビビに噛みついたまま、ビビは次第に妙な気持ちになっていった。胸がどきどきして全身から力が抜けていくような感覚である。

そして何かにおいを感じる。それはアヒンのフェロモンなのだろうか。

ビビは息が止まりそうになり、そのまま眠りにつくのだった。

ビビが伸ばしたその手は

うっかり寝てしまったビビは、夜中暗い部屋の中で一人目覚める。

さっきアヒンに噛みつかれたことで味わった変な感覚が今でも残っている。

そこはベッドの上であり、ふと隣を見るとアヒンは寝ているようだ。

静かに眠っているアヒンを見て、本当にイケメンねと思うビビ。

そしてふと疑問も感じていた。自分は誰がどう見ても怪しい獣なのに、なぜアヒンは私に何も聞いてこないのだろうかと。

そう思いビビは手を伸ばしてアヒンの頬に触れる。

温かい…と感じるビビのその手は、ウサギではなく人間の手であった。

【10話】感想

ついにビビが人間になりました!と言ってもまだ手しか出てきていませんが。

ビビ自身も自分の手が人間になっていることに気づいてない感じで終わったので、次回きっとビビ自身の驚きから始まるのではないでしょうか。

一時的に人間になっただけなのか、それとも完全に人間になれたのか、まだわかりませんがとりあえず人間化したビビの登場が楽しみです。

←前回 今回 次回→
第9話 第10話 第11話

>全話ネタバレ一覧はこちら

-韓国漫画ネタバレ