韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ42話】全ては勘違いだったの最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「全ては勘違いだった」のネタバレと感想になります。

「あらすじ」「漫画や小説の先読み方法」「みんなの感想・レビュー」はこちら!

←前回 今回 次回→
第41話 第42話 第43話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「全ては勘違いだった」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。

【42話】ネタバレ

※韓国版を読んだものを簡単にまとめました。

神官の神聖力

ノクターンは魔法薬の使用記録でドルーアの名前を見つけると、パトシアの仕業だと確信した。

そして、魔法薬を完全に消せるのは神官の神聖力のため、神官を探さないといけないと思うのであった。

夜の訪問

ノクターンの屋敷に連れて来られて、長い一日がやっと終わったドルーア。

ベッドに横になると、彼と婚約したことをまだ信じられない気分でいた。

そして、ノクターンとキスをしたことを思い出すと、思わずベッドから起き上がるドルーア。

あの時のノクターンの表情を思い浮かべると、さらに顔を赤くした。

また、ノクターンがここに連れて来た際に、バローズ侯爵家の両親たちが催眠にかけられていないかが気になった。

コンコン。

扉のノックの音が聞こえると、部屋に来たのはノクターンであった。彼は少し散歩をしようとドルーアを誘うのであった。

夜の散歩

散歩をしに、外に出てきたドルーアとノクターン。

湖を見つめると、ノクターンは謝るとことはしないと言う。

今日のキスのことだと思ったドルーアは顔を赤くすると、僕が一方的にやったことだけど二度とそんなことをしないよと言った。そして、ドルーアと結婚しようとする根本的な理由は、君が特別だからだと。

僕から離れようとする理由は何?と尋ねると、ドルーアはこう思った。

私の本心…原作により、ノクターンとアリスが結ばれることは知っていたから、彼から離れようとした。

ノクターンが自分のことを特別に思っているかもしれないという気持ちと、原作の結末を考えたらノクターンを愛してはいけないと葛藤があった。

アリスに会うたびにノクターンの運命は彼女だと思い出され、ノクターンを好きではいけない、もっと率直に言えば認めたくなかった。

私は血統まで完璧である友人のアリスに、自分の紹介で彼に会わせることをしたくなかったのだ。

ドルーアは何で全部を話さないといけないんだと言うと、ノクターンはそれは僕も同じだよと答えた。

話が堂々巡りになると、"君を愛すように私を洗脳する"ことしか、私たちには方法がないのではないかと言うドルーア。

今まで何度も洗脳してきたはずなのに、ノクターンは傷ついたような表情をした。

このまま私が諦めて結婚すれば全部良くなると思うの?とドルーアが言うと、風邪を引くから戻ろうとノクターンは言うのであった。

風邪

翌日。

本当に風邪を引いてしまったドルーア。ベッドで寝込んでいると、ドルーアの心配をするノクターンはベッドの横のイスに座ると、大神官ゼルベラを連れて来たのはお前のためだよと言った。

そして、ドルーアが眠りにつくまで、彼はずっとここにいるのであった。

【42話】感想

←前回 今回 次回→
第41話 第42話 第43話

>全話ネタバレ一覧はこちら

-韓国漫画ネタバレ