韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ43話】全ては勘違いだったの最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「全ては勘違いだった」のネタバレと感想になります。

「あらすじ」「漫画や小説の先読み方法」「みんなの感想・レビュー」はこちら!

←前回 今回 次回→
第42話 第43話 第44話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「全ては勘違いだった」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。

【43話】ネタバレ

※韓国版を読んだものを簡単にまとめました。

婚約の噂

リモランド公爵家でのこと。

メイドからドルーアとノクターンが婚約したという噂を聞くアリス。

それが事実かどうか確かめに、アーロンのところに行くことにするのであった。

アーロンへの失望

アーロンから婚約破棄をしたと聞くアリスは、ドルーアの噂について知っているか尋ねた。

アーロンは忙しかったから噂も知らないし、狩猟大会以降会えてもいなかったと答えた。

ドルーアに関心がないどころか、むしろ彼女の話を避けたいように感じるアリス。

ドルーアの友達であるはずなのに、このような態度をとるアーロン。アリスは彼にエドを重ねてしまったことも、ここに助けを求めに来たことも失敗だと思った。

アリスはエドガー公爵家に行くからとこの場を立ち去ろうとすると、アーロンはそれを制止した。

ドルーアに関心を示さなかったくせに、自分の邪魔をしてくるアーロンに苛立ちを見せるアリス。心配しないなんてほんとに友達と言えるのですか?と問う。

すると、アーロンはバローズ侯爵家に一緒に行こうと提案をした。エドガー公爵家に行くよりドルーアの状況がわかるはずであると。

バローズ侯爵家の人たちが洗脳されてどうしようもなかったのか、故意にそうしたのか、確認するためにアリスは彼と一緒に行くことを決めるのであった。

ゼルベラの祝福

一方、エドガー公爵家でのこと。

風邪が治ったドルーアが屋敷内を歩いていると、大神官ゼルベラに出くわした。彼は監禁されているのかと思っていたが、意外にも自由にしているようだ。

ドルーアが軽く挨拶をしてその場を立ち去ろうとすると、ゼルベラは彼女を呼び止めた。

ドルーアがなぜこの屋敷に滞在しているのかを尋ねると、婚約したからですが望んできたわけじゃなくて…複雑な事情なのだと答えるドルーア。

何でここに滞在しているのかドルーアが逆に聞き返すと、ゼルベラは自分の事情を話し始めた。

匿名でノクターンが黒魔法士だと情報が寄せられ、彼を神聖力魔法で確認したがノクターンは苦しむことはなかった。その対価として、ここに滞在していると。

最初は黒魔法士というのは勘違いだと思ったが、いざここに来てみたらそうではなかったことに気付いたと言う。

エルガー公爵家の洗脳された使用人たちを見て、ゼルベラがそう気付いたことは容易に想像できると思ったドルーア。

ゼルベラがノクターンが黒魔法士だと知っていますか?と聞くと、ドルーアはこの間知ったと答えた。

彼は洗脳されるのは一瞬だから気をつけるように言うと、一目の触れない通路にドルーアを連れて行った。

彼は永久的ではないが洗脳にかからないようにドルーアに祝福をおくると言う。確実ではないが、すでにかかった洗脳も解くことができるのだと。

祝福を受けると、まるで日の光が差し込むように暖かく感じた。

すると、ゼルベラは本当に不思議なことだ!と言うと、何かに驚くのであった。

【43話】感想

←前回 今回 次回→
第42話 第43話 第44話

>全話ネタバレ一覧はこちら

-韓国漫画ネタバレ