韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ38話】全ては勘違いだったの最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「全ては勘違いだった」のネタバレと感想になります。

「あらすじ」「漫画や小説の先読み方法」「みんなの感想・レビュー」はこちら!

←前回 今回 次回→
第37話 第38話 第39話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「全ては勘違いだった」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。

【38話】ネタバレ

※韓国版を読んだものを簡単にまとめました。

ノクターンの過去(成人した日

ノクターンが18歳に成人した日。この日にエドガー公爵を継ぐことになっており、両親と兄2人の家族で食卓を囲んでいた。

母パトシアの洗脳が解けたことは知っており、ここで元々洗脳をしなかったのは父ゼラニウムだけ。彼はこの屋敷で唯一の味方であり、次期公爵にも望んでいてくれていた。

帝国東部の公爵領「ファースト」にパトシアを追いやったのは、その勢力を1つにまとめるためであった。 ファースト の者たちは、僕を私生児だからと快く思っておらず、彼らを洗脳するには数が多すぎる。パトシアがファーストで勢力を集めれば、僕は自分の敵が誰なのか炙り出すことができると思ったのだ。

彼女らをファーストに追いやり、首都に残った僕と父ゼラニウム。そして、僕はエドガー公爵となった。

ノクターンの過去(ドルーアの何気ない言葉

執務室にいるノクターンは補佐官を呼ぶと、自分への縁談は全部断るとともに、ベルーアの縁談は阻止するように指示をした。

いつしか特別な存在になったベルーア。小さい頃にかけた催眠はまだ有効なのかわからなかった。彼女がまだ自分の元にいてくれるのか知るため、ずっと彼女を試すようなことをしてきた。

そして、僕は彼女への想いが愛であると気づくのであった。

その後、問題が生じた。彼女が自分から離れようとしているのを感じたのだ。ドルーアは首都の外にいる性別もわからない友達を作ったようで、誰かと付き合っているのではないかと僕は疑った。

しばらくして、ドルーアは公爵になったお祝いとして薄紫の花を持ってやって来た。

そして、彼女から翌月に旅行にすることを聞くと、きっとあの友達に会いに行くのだと思うノクターン。

長い間離れるわけじゃないし心配しないでと言うドルーア。2人のどちらかが結婚したら会うのは難しくなるけどと。

ノクターンがその言葉にギクっと反応すると、ドルーアはこう言った。それとも、私と結婚する?と。

あと1年もしたら縁談が入って来ると思うけど、今は考えずにここにいたい。今は家より君がいるここの方が気楽だと話すドルーア。

ドルーアは何気なく言った言葉だろうが、ノクターンは彼女の縁談をなんとしても阻止すると誓うのであった。

【38話】感想

ノクターンの過去を知ると、彼がどれだけドルーアのことが好きなのかわかりますね。こんなに好きならもっと素直に愛情表現すればいいのに…笑

←前回 今回 次回→
第37話 第38話 第39話

>全話ネタバレ一覧はこちら

-韓国漫画ネタバレ