韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ39話】全ては勘違いだったの最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「全ては勘違いだった」のネタバレと感想になります。

「あらすじ」「漫画や小説の先読み方法」「みんなの感想・レビュー」はこちら!

←前回 今回 次回→
第38話 第39話 第40話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「全ては勘違いだった」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。

【39話】ネタバレ

※韓国版を読んだものを簡単にまとめました。

アーロンに協力を仰いだ理由

エドガー公爵家でのこと。

狩猟大会でなぜドルーアを森に連れてったのかと問い詰めるノクターン。

アーロンは魔物の生息地とゲートがつながると思っていなかったと説明した。彼は神官などの目があり黒魔法を使えないノクターンの方を標的にすると考え、森の中の方が安全と考えたのだ。

しかし、結果としてドルーアの命は危険に晒されたため、アーロンは謝ることしかできなかった。

ノクターンは僕の部下なわけでもないし、謝る必要はないと言う。そして、婚約破棄については早く処理してくれましたねと。

アーロンが彼女にはいつ話をするのですか?と聞くと、ノクターンはどうせ信じてもらえないだろうからとドルーアに話すつもりはなかった。

"パトシア・エドガーは権力を取り戻すため、ベルーアを人質にしようとしている。だから、万が一の時に備えてエドガー公爵家に連れて行く。"

こんな話をあなたなら信じることができますか?と聞き返すノクターン。

そして、アーロンに協力を仰いだのはパトシア・エドガーを殺すことができるからであり、他の余計な話はしないように言うのであった。

結婚

エドガー公爵家に連れて来られたドルーア。

勝手に連れて来られたのだが、エドガー公爵家は慣れ親しんだ場所であり自然と緊張することはなかった。

そして、ドルーアの隣にはメイドのサディがいる。意外にもノクターンは彼女が一緒に来ることを許してくれたのだ。

部屋を見渡すと、多くのことが昔と変わったと思うドルーア。この屋敷の人たちから生気が感じられない。

エドガー公爵家の人はノクターンに洗脳されていると言うアリスの言葉が浮かぶのであった。

コンコン。

扉が開くと、ノクターンが食事を持ってやって来た。

どうしてここに連れて来たのか、婚約についても尋ねるドルーア。

君が知っている通り、アーロンとは婚約を破棄し僕と新しく婚約したのだと、ノクターンは淡々と話した。そして、バローズ侯爵家も婚約を承諾しているのだと。

自分の両親や姉アロイが婚約破棄をきちんと終わらせる前に、ノクターンとの縁談を受け入れたことに疑問を感じるドルーア。

私の家族はそんな人たちではないとドルーアは言った。彼女はノクターンが両親らに催眠をかけたのではないかと疑っているようだ。

不機嫌になるドルーアは最近は婚約した途端すぐに連れてくるんだねと言うと、僕は婚約を2年維持するなんて伝統は守るつもりがないと答えた。

そして、僕たちは数か月以内に結婚すると言うのであった。

【39話】感想

←前回 今回 次回→
第38話 第39話 第40話

>全話ネタバレ一覧はこちら

-韓国漫画ネタバレ