韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ36話】全ては勘違いだったの最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「全ては勘違いだった」のネタバレと感想になります。

「あらすじ」「漫画や小説の先読み方法」「みんなの感想・レビュー」はこちら!

←前回 今回 次回→
第35話 第36話 第37話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「全ては勘違いだった」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。

【36話】ネタバレ

※韓国版を読んだものを簡単にまとめました。

パトシアの狙い

ドルーアの元を去ったノクターンは、僕はずっと君に愛を…と思いながら森の中を歩いていた。

先代皇帝の棺桶からは黒魔法の痕跡を感じた。先代皇帝の死は母パトシア側の黒魔法士の仕業であり、実はドルーアを狙うために起こしたことだった可能性もある。

神聖な行事である狩猟大会は秘密護衛をつけられないため、ドルーアを狙うには都合の良い日なのだ。

さきほど森の中でドルーアを見つけた時、彼女の元に怪しい誰かが石を投げ込んだことによりドルーアは魔物に襲われた。

武力では勝てないパトシアは、僕の弱点であるドルーアを狙ったのだ。

パトシアの洗脳が解けた時点で殺すべきだったが、ドルーアとの何も殺さないという約束を守りたかったノクターン。

しかし、今は彼女とも仲違いしてしまったため、それも無駄になってしまった。今後はドルーアの身を守るためだけに集中しようと思うのであった。

大神官の祝福

そこに、1人の神官が話しかけて来た。神聖な儀式である狩猟大会に魔物が現れたことから、参加者に祝福を送っているのだ。

自分には必要ないと断るノクターンを必死に説得する神官。

ノクターンが彼のことを怪しんでいると、今度は眼鏡をかけた大神官のゼルベラが現れた。

魔物を呼ぶのに黒魔法を使った形跡があったため、祝福を通じて黒魔法士かどうか確認したいのだと説明をした。

何者かの情報提供によりノクターンが黒魔法士であると疑われていたのだ。

祝福を受けて何の問題もなかった場合にゼルベラがエドガー家に1年滞在することを条件に、祝福を受けると言うノクターン。

ゼルベラはそれを承諾すると、ノクターンに白い光の魔法を使った。通常、神官たちの祝福は緑の光であり、彼の使ったのは上位攻撃魔法であった。

普通の黒魔法士であれば傷を負うところだが、小さい頃から聖水を飲まされてきたノクターンはそれに耐えることができた。なんともない様子の彼を目の前にして、ゼルベラは地面に崩れ落ちた。

ノクターンはさきほどの約束を守るよう伝えると、自分の馬車に戻って行くノクターン。

窓の外で楽しそうに話すドルーアたちをよそに、馬車の中でノクターンは血を吐いてしまうのであった。

【36話】感想

1人馬車の中で血を吐いてしまうノクターンがかわいそうに感じました。前回催眠をかけたことを正直に明かしましたが、母パトシアに狙われているということは言わないのでしょうか。

また、大神官ゼルベラを屋敷に滞在させる目的も気になります。

←前回 今回 次回→
第35話 第36話 第37話

>全話ネタバレ一覧はこちら

-韓国漫画ネタバレ