韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ35話】全ては勘違いだったの最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「全ては勘違いだった」のネタバレと感想になります。

「あらすじ」「漫画や小説の先読み方法」「みんなの感想・レビュー」はこちら!

←前回 今回 次回→
第34話 第35話 第36話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「全ては勘違いだった」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。

【35話】ネタバレ

※韓国版を読んだものを簡単にまとめました。

初めて呼ぶ言葉

森の中。ドルーアが熊の魔物に襲われそうになると、助けてくれたノクターン。

どうやってここに現れたのか尋ねるドルーアに、ただタイミングが合っただけだと答えた。

ドルーアは彼の今までの行動から、ノクターンの企てたことではないかと疑っている。

バローズ侯爵家で聖水を飲んで見せたのも、シェリルを洗脳したのも、アリスを監視し、アーロンを殺そうとしたのも、何かの利益のためにやったことではないかと。

聖水は安全だと証明するためで、シェリルは先に僕を利用しようとしてたし、監視は勢力家はたいてい他の家門の動きを気にするものだと答えるノクターン。

そして、アーロンについては確かに怒りの感情はあったが、殺すことはしなかったと思った。

ノクターンはドルーアに近づくと、僕は何もしていないと主張した。

ドルーアは何度もバローズと呼ばれることにうんざりするのであった。

僕は君を特別に思っていると言うノクターンに、精神魔法では呼称が大事なんだよね?と言うと、彼に「ドルーア」と呼ぶように求めた。

黙ってしまうノクターンに、諦めてこの場を去ろうと背を向けたドルーア。

すると、彼は切ない声で何度も「ドルーア」と呼んだ。

こんなに簡単に言えるのになんで長い間言ってくれなかったのか。彼の言葉を聞いても、ドルーアの中では何も変わらなかった。そして、依然として彼を信じられないことに悲しく思った。

私には洗脳はかけてないのか、それとも解けた状態なのかと言うドルーア。そして、助けてくれたお礼を言うと、もう会うのはやめようと彼に別れの言葉を告げた。

すると、その場から立ち去ろうとするドルーアをノクターンは後ろから抱きしめた。

そして、子どもの頃に自分から離れていかないようにドルーアに催眠をかけたことを正直に明かした。

ドルーアはアリスに言われた言葉を思い出した。"アーロンはドルーアを愛しているんじゃない?"

何も変わらない

そこに、アーロンとアリスが戻って来た。

2人がドルーアの心配をしていると、ノクターンはため息をつき、その場を去って行く。

そんな彼の背中を見つめるドルーアは、呼び名が「バローズ」から「ドルーア」に変わっただけで、何も変わらないと思うのであった。

【35話】感想

ノクターンはついにドルーアと呼び、さらに催眠をかけたことを明かしました。

しかし、ドルーアの心はあまり動かなかったようです。かなりこじれてしまっている2人の関係に悲しくなってしまいます。

←前回 今回 次回→
第34話 第35話 第36話

>全話ネタバレ一覧はこちら

-韓国漫画ネタバレ