韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ32話】全ては勘違いだったの最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「全ては勘違いだった」のネタバレと感想になります。

「あらすじ」「漫画や小説の先読み方法」「みんなの感想・レビュー」はこちら!

←前回 今回 次回→
第31話 第32話 第33話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「全ては勘違いだった」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。

【32話】ネタバレ

※韓国版を読んだものを簡単にまとめました。

突然の知らせ

ドルーアは自分がノクターンに洗脳されているのではいかと、魔法の本を読んで気が付いた。

現在自分が洗脳された状態なのか調べる方法は本には記載されていない。

黒魔法に対抗する方法を探さないとと思うドルーア。

コンコン。

使用人が来ると、皇帝陛下が逝去されたと報告するのだった。

原作との変化

皇帝陛下の葬儀が行われ、それに参列するドルーア。

原作だと「ドルーア・バローズ」が処刑されるのは、「アリス・リモランド」が首都に来てから1年後。

ドルーアが殺される理由は、リモランド公爵と皇帝の権力を奪うため。だから、皇帝陛下はこの時期まだ死んでいないはずだった。

原作からストーリーが変わってきているのは、ノクターンの仕業なのだろうかと考えるドルーア。

すると、久々のアーロンが話しかけて来た。何度も声をかけても返事がなかったと言うアーロンに、恋愛小説のことを考えていたと咄嗟に嘘をつくドルーア。

彼は意外にも恋愛小説を読んだことがあり、仮名を作ったことがあると言う。ドルーアは内心、仮名とは「エド」のことだろうかと思うのであった。

狩猟大会開催

前皇帝の葬儀に続き、新皇帝の即位式が終わった。

新皇帝が即位した記念として狩猟大会が開催され、それに参加をするドルーアたち。

ドルーアはアリスと親しくなったかアーロンに尋ねると、顔を赤くするアーロン。

すると、ちょうどアリスが乗った馬車が到着した。

続いて、馬車が到着すると、中からノクターンが降りて来た。

彼を警戒するドルーアたち。ノクターンがそんなに警戒しなくていいと言うと、アリスと挨拶をしていただけですと敬語で答えるドルーア。

彼女は距離を置くために、ノクターンに敬語を使ったのだ。

ノクターンが不機嫌そうにその場を去ると、ドルーアはもうノクターンは怖くないと言うのであった。

【32話】感想

←前回 今回 次回→
第31話 第32話 第33話

>全話ネタバレ一覧はこちら

-韓国漫画ネタバレ