韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ27話】しがみついても無駄ですの最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「しがみついても無駄です」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」や「みんなの感想・レビュー」はこちら!

←前回 今回 次回→
第26話 第27話 第28話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「しがみついても無駄です」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。

【27話】ネタバレ

※韓国版を読んだものを簡単にまとめました。

それはラカンの指示

ビエナをオルシエ侯爵家へやって来たのが第五皇子ラカンの指示によるものだと知り、カイラは険しい表情を浮かべた。

過去に回帰する前の人生では、カイラの不幸はビエナの登場と共に始まった。ビエナが現れてから、なぜ自分は愛されないのかと真剣に悩んだ。

ビエナと仲良くして見ても決して認められることはなく、彼女のそばにいてくれたのが唯一ラカンだったのだ。

母が亡くなってからカイラが独りぼっちになったのは10歳の時。

父からは冷たくされ、彼女は耐えられずにベベントラ南部のラヴェル領地に逃げた。そこで会ったのがラカン。

ラカンの助けがあって母を失った悲しみに耐えることが出来た。彼がいなければ耐えられなかっただろう。

過去に回帰してきてから、ラカンを恨むようになったとしてもその事実だけは変わらない。前世で耐えられたのはラカンのおかげなのだ。

それなのに…と思いカイラは涙を流す。

ラカンに助けられた幼い頃のことは今でも思い出されるが、その当時でさえ騙されていたのかと、カイラは怒りがこみ上げてくるのだった。

ディエラの復讐心

それからディエラは、アンドレアに秘密を打ち明けた理由を話す。

今後の人生で、ビエナが夫の子供ではないという事実がバレることが怖かったのだと。

そして復讐心もあるという。ビエナを妊娠した後、トラビスからの連絡が途絶えて絶望を感じた。

それからビエナを産んで全てを忘れようと考え始めたころ、夫であるトラン男爵はあることを打ち明けてきたと言う。

それは彼の妻としてディエラのことを推薦したのがトラビスだったのだと。

トラビスはオルシエの婿養子になるため、一番邪魔だったディエラのことを自分の兄の妻として縛り付けたのだ。

そしてディエラを襲う悲劇はまだ終わらない。

ビエナは成長するほど、やることがトラビスに似てきたと言う。自分の利益の為ならありとあらゆる嘘をつき、そして弟であるアンドレアさえ陥れたのだ。

トラビスのことがどうしても許せないと言うディエラ。彼女はカイラに助けを求めた。必要であれば裁判に出て証言だってすると。

そして証拠品を取って来たアンドレアが戻ってくる。ビエナをオルシエ家に送るようにとディエラに指示してきた手紙である。

それは確かにラカンの筆跡に間違いない。

カイラは目を閉じ、全て事実のようですね…と呟くのだった。

魔石の調査報告

カイラが屋敷に戻ると、ブアゼルに頼んでいた魔石に関する調査報告書が机に置いてある。

それは以前ラカンに自分の行動がバレていた時に屋敷内を調査したところ、テラスに不自然に落ちていたもの。その魔石の出どころを調べるようにとブアゼルに指示していたのだ。

報告書によると、それは店で売っている魔石と変わらないようである。

魔石が問題ではなかったのか…?と彼女は思うのだった。

爵位授与式の日

爵位授与式の当日。

会場には多くの人たちが押し寄せてきていた。

特にインセン伯爵が顔を出したのはカイラにとって意外である。以前インセン伯爵令嬢とひと悶着があり、自分とは距離を置くだろうと考えていたからだ。

そしていよいよ儀式が始まった。

カイラは皇帝の前に跪き、国家を守り民の面倒を見るということを誓う。

その誓いを受け、家門の首長として義務を果たすよう皇帝はカイラに命じた。

皆が見つめる中で正式に爵位継承が認められたのだ。

儀式が終わり、カイラが会場内を歩いていると、突然後ろから何者かに腕をガシッと掴まれる。

あのお方がおめでとうと伝えて欲しいと仰っています。

その者は突然そのように言い、カイラに話しかけてくるのだった。

【27話】感想

ラカンはとことんカイラのことを裏切りますね。それは大きくなってから始まったことではなく、幼かった頃からずっと騙されていたようです。徹底的に懲らしめてやりたい!

そしてカイラがラカンのことを憎むのと同様に、ディエラもトラビスのことを憎んでいるみたいです。こっちの男もラカンに負けじとクズですからね…。

奴らにはまとめて復讐してやりたいですが、果たしてどうなりますかね。これからの展開が楽しみです。

←前回 今回 次回→
第26話 第27話 第28話

>全話ネタバレ一覧はこちら

-韓国漫画ネタバレ