韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ25話】しがみついても無駄ですの最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「しがみついても無駄です」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」や「みんなの感想・レビュー」はこちら!

←前回 今回 次回→
第24話 第25話 第26話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「しがみついても無駄です」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。

【25話】ネタバレ

※韓国版を読んだものを簡単にまとめました。

悪夢から覚めると

カイラの見ている悪夢の中。

水に沈んでいく彼女の手を掴んでくれたのはフェイロンだった。

しっかりしろ!カーラ!と彼は声をかけてくる。

そしてふと目が覚めるとそこはベッドの上。横にはフェイロンがいた。

フェイロンがなぜここに…?と驚くカイラ。

どうやら彼は昨夜用事があって訪問してきたのだが、寝ながら苦しんでいるカイラのことが気がかりで一晩中ずっと横にいてくれたのだというのである。

無事目が覚めたカイラに彼は安心し、使用人や屋敷の皆の者もホッとしているようだ。

それから風呂に入ったカイラは、夢での出来事をまだ鮮明に覚えていた。なぜ急にあんな夢を見たのだろう…?と彼女は不思議に思った。

そして、フェイロンが一晩中寄り添ってくれたなんて…と思い、頬を赤らめているのだった。

カイラ宛ての公文書

カイラがお風呂から上がると、フェイロンはすでに皇宮に戻ったのだと。無事彼女が目覚めたのを見届けて安心したようだ。

そしてカイラ宛ての書類を使用人にあずけていた。

カイラがそれを受け取ると、それは爵位授与式が開催日と場所が記された公文書である。

皇室が行う爵位授与式に出席できる資格は、皇族以外だと爵位を有する貴族に限られる。

爵位授与式は覚悟しないとね…と彼女は思って行った。

それから彼女の部屋に見覚えのある男がやって来るのだった。

探していた主治医

ブアゼルに案内されて突然部屋にやって来た男。

その男の顔を見てカイラは目を見開いて驚く。

ロナルド…?と問いかけると、私なんかを覚えていて下さるなんてどうやって感謝を申し上げればいいのか…と彼は感極まっているようだ。

ロナルドはオルシエ家の主治医だった。しかし彼はカイラの母の死を食い止めることが出来なかったことで自分を責め、屋敷を出て行ったのだ。

前世でカイラは毒に侵され、信頼できる医者であるロナルドを探したものの結局見つけることは出来ず。彼の行方はずっとわからずにいた。

話を聞いてみるとロナルドはこれまでドレインで暮らしていたのだと。そこは先日盗賊団に襲われたということでフェイロンが向かった土地である

そこでロナルドは小さな診療所をやっていたと言うが、盗賊団の掃討の際にフェイロンが彼のことを見つけたのだ。

フェイロンは彼がオルシエ侯爵夫人の主治医だったと知り、そしてカイラが探しているということを彼に伝えた。

カイラが自分のことを探していると知ってロナルドは帰って来たのである。

ロナルドは涙を流して喜んでいる。皇子がカイラのことを大切にしているということを知って嬉しかったようだ。

その話を聞いてカイラは改めてフェイロンに助けられていることを実感した。

そして、やっと帰って来たくれたロナルドを笑顔で歓迎する。

前世では分からなかったカイラを死に追いやった毒。ロナルドがいればそれについても知ることが出来るかもしれないとカイラは思っているのだった。

父の部屋の金庫

屋敷に帰って来たロナルドのことを歓迎していると、トラン領地に発った父の部屋を整理していた使用人から報告が入る。

父トラビスの部屋から金庫が出てきたというのだ。

実際部屋に行って確認してみると、その金庫は執事ブアゼルには見え覚えがあった。彼がまだ幼い頃、先代公爵が使っていた金庫である。

どうやらそれは普通の方法では開かないようである。もし開けることが出来るなら父トラビスがすでに開けていたはずだ。

オースティン子爵なら知っているかも…と考えたカイラ。

そして彼に確認してみると、それはリッセン王国のものだから開けることができないとのことだが、何か記録が残ってないか調査してみると言う。

その件についてカイラはオースティン子爵に任せるのだった。

アンドレアが渡したもの

カイラのところにはアンドレアがやって来た。

彼はカイラが寝ているときに苦しんでいたという話を使用人から聞いたようで、大丈夫ですか?と聞いてくる。

悪夢を見ただけだからと彼女は答えるが、優しい彼は心配してくれているようだ。

それからアンドレアは、この間の話を覚えていますか?と言ってきた。

ビエナがトラン領地に発った後に見せたいものがあると言った話である。

カイラはそれを今すぐ見せてもらうことにした。

アンドレアが持って来たものは2枚の手紙。

そしてその手紙に目を通したカイラは表情が一変する。

グシャッと手紙を握りつぶし、そういうことだったの…?と言って怒りの表情を浮かべるカイラ。

その手紙には想像もしていなかった内容が書かれていたのである。

【25話】感想

オルシエ家の主治医だという男が突然屋敷に帰ってきました。カイラが探していた人物のようでまさかの出来事ですね。

物語の中でよく毒に侵されていた時の話が出てきますが、どういう経緯で毒に侵されたかまでは未だに明かされていません。気になりますね。

いずれにせよロナルドがいてくれたらきっと彼女を助けてくれるはずです。頼れる人がまた一人増えましたね。

最後にアンドレアが渡してきた2枚の手紙は一体何が書かれていたのでしょうか。カイラはかなり怒っているようですが…。

まさか母の死の真相とか…?とりあえず彼女の知らなった何か重大なことのようですね。真相が気になるところです。

←前回 今回 次回→
第24話 第25話 第26話

>全話ネタバレ一覧はこちら

-韓国漫画ネタバレ