韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ39話】接近不可レディーの最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「接近不可レディー」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」や「みんなの感想・レビュー」はこちら!

←前回 今回 次回→
第38話 第39話 第40話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「接近不可レディー」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。

【39話】ネタバレ

※韓国版を読んだものを簡単にまとめました。

騒動はおさまり

会場をパニックに陥れた凶暴な魔物は息絶えた。

しかしその魔物に襲われそうになったビオレッタはガクガクと震えていた。あの魔物…敢えて私を狙ったの…?と。

そんな彼女のもとに、無事でよかったとコーデリアが声をかける。ベルゼット当主がいなかったら大変なことになっていたと2人は話すのだった。

またヒリスは、さすがベルゼット当主ですねとアクシオンに声をかける。”弱点”を探し出すとは本当にすごいですと。

しかし彼は、魔物を倒したのは自分ではないと自覚していた。そして最後に魔物が絶命した時、確かにイノアデンの異能の力を感じたのだ。

自分が魔物を倒したことを明かしたくないのか…?とアクシオンはヒリスの振る舞いに疑問を感じた。

一方で人混みの中で悔しそうな表情を浮かべている者の姿が。クリスティアンである。

自分の異能は魔物にあっさりと破られてしまったのに、アクシオンは簡単に魔物を制圧したからだ。

クリスティアンはグッと拳を握り、何も言わずに立ち去って行くのだった。

そしてアクシオンと話しているヒリスも、もう休みたいのでと言って帰ろうとするが、彼はとっさにヒリスの手を握って引き留めた。

明日は一緒に四季の森に行くと約束した日だから、またイノアデンを訪問したいと。

勝手にしてくださいとヒリスは言い残し、立ち去って行くのだった。

不愉快な夜

ヒリスが帰った後、魔物の死骸を調べなければと思うアクシオン。

そしてこの間倉庫で見た魔物と似ているとも感じていた。おそらく関係があるのだろうとも。

アクシオンがそんなことを考えていると、ガブリエル!!と叫ぶ声が聞こえてくる。

それはリカルドだ。目撃者の話によると、ガブリエルは魔物が現れるよりもずっと前に馬車に乗って帰ったのだと。

その話にリカルドは安心したようである。

ホッとしている彼に、パーティーに参加したイノアデンの人間はガブリエル1人だけかな?とアクシオンが話しかけた。

リカルドは動揺したようで、一言挨拶だけしてアクシオンの前から立ち去って行く。

アクシオンは気分が悪かった。ガブリエルだけを心配している今のリカルドの振る舞いや、屋敷を訪れたときのディエゴの言動からして、ヒリスがイノアデン家の中でいかに酷い扱いを受けてきたかが見て取れたからだ。

不愉快な夜だな…とアクシオンは呟くのだった。

借りは返した

パーティーから帰る馬車の中。

”予定通り”パーティーは早く終わったと。ヒリスは前世でこのパーティーのことを知っている。

本来大けがを負うはずだったのはビオレッタとコーデリア。

カリキアの血を与えられた奇形魔物はその反作用のためか、カリキアの血を持った人に激しい敵対心を見せるのだ。多くの人たちの中からビオレッタが真っ先に狙われたのはそのためである。

そして本来であれば、ビオレッタを守ろうと庇ったコーデリアが背中に深い傷を負い、そしてビオレッタも目に大けがを負って失明するはずだった。

これで前世でビオレッタに作った借りは返したとヒリスは思った。

ただカリキアだけを執拗に狙う魔物の気持ちを分からないでもなかった。

というのもヒリスもまた、カリキアに激しい憎悪を抱いた時期があったのである。

【39話】感想

騒動の後、クリスティアンは悔しそうにしていましたね。ただでさえヒリスの取り合いでアクシオンに遅れをとっているのに、異能の力でも劣っているとなったら悔しいでしょう。

一方のアクシオンは苛立っていました。ヒリスのことなど気にも留めずガブリエルしか心配しているリカルドの振る舞いに。アクシオンが苛立ちを感じるのは、それだけヒリスに好感を抱いているからなのでしょう。

ヒリスが前世で作っていたビオレッタへの借りとは何なのでしょうか。またカリキアに抱いていた憎悪とは。4回目の人生まで描かれたので、次は5回目の人生の話ですかね?続きが楽しみです。

←前回 今回 次回→
第38話 第39話 第40話

>全話ネタバレ一覧はこちら

-韓国漫画ネタバレ