韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ6話】緑陰の冠の最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「緑陰の冠」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」はこちら!

←前回 今回 次回→
第5話 第6話 第7話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「緑陰の冠」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。


【6話】ネタバレ

リンドバーグ男爵の思惑

ランの部屋を訪れたリンドバーグ男爵。

彼がランの元にやって来たのは見え透いたもので、ラチア公爵家に取り入ろうという意図が丸見えである。

まずはランに護衛をつけたいと提案してきた。ユスタフに仕えるロスだけでは足りないと主張してくる。

魂胆がバレバレだと心の中で思うランは、その提案を断るのだった。

するとリンドバーグ男爵は、ランの母親が自分から借金をしていたという話をし始める。

借用書を見ると、1万ベラトも借りており、利息だけで毎月1千ベラトとなっている。それはかなりの大金だ。

しかし姪であるお前なら借金を帳消しにしてもいいと言い出すリンドバーグ男爵。その代わりに息子ロビーをランと結婚させたいのだと。

ロビーとは酒と女に溺れたクズ男だ。

大胆な提案に青ざめるランだが、公爵家の財政が安定するまでは敵を作るわけにもいかない。彼女はやんわりとした口調で断るのだった。

するとリンドバーグ男爵は、聡明な人の助言に耳を傾けるのはどうだ?と言う。

聡明な人とは叔父様のような方の助言でしょうか?ぜひお聞きしたいです。

そのように言ってランはひとまず笑顔で答えるのだった。

信頼を得るため

日も暮れ暗くなった頃、残りの仕事は明日にしてはいかがですかとロスがランに話しかける。

彼女はロスの言う通りその日の仕事を中断した。

そしてこれから私と叔父様が2人で話すときはあの配管を開けると会話が聞こえるからと言うラン。

なぜそこまでされるのですか?と聞くロスに、ランは信頼を得たいからだと言う。

その言葉に、ロスも何かを感じたように、意味深な表情を浮かべるのだった。

あの時を境に

ユスタフが通う帝国アカデミーは、帝国が設立した高等教育機関である。

皇帝たちもそこを卒業し、貴族もこぞってそこで子供たちを学ばせている。

しかしラチア公爵家はそのアカデミーからは一歩離れた存在で、ユスタフはラチア家で初めての入学者だった。

だからこそアカデミー内でユスタフが注目を集めるのは必然であった。

帝国には3つの公爵家がある。氷壁のラチア。白銀のミロ。薔薇のウスラ。

中でも最も閉鎖的なのがラチア家であり、帝国よりもはるかに長い家門の歴史がある。

そのため余計な注目を浴びるのが、ユスタフにとっては煩わしかった。

そして彼の元にはランとロスからの手紙が届いており、ロスの手紙にはランが騎士団長を洞窟へ向かわせた旨が記載されていた。

一体どういうことだ?と疑問に思うユスタフ。

そして彼は過去に木から滑り、ランの上に落ちたときのことを思い出した。

あの日あの時を境に代わった。以前の彼女ではない。なぜだ?

手紙を読みながらユスタフはそう思うのだった。

【6話】感想

リンドバーグ男爵はストレートに厄介なヤツですね。ランに護衛をつけたがったり、借金の話を持ち出して息子と結婚させたがったり。思惑が丸見えすぎます。笑

一方でユスタフやロスからの信頼は少しでも得ることが出来ているでしょうか。まだまだ途中と言う感じですが、ランには頑張ってほしいですね。

←前回 今回 次回→
第5話 第6話 第7話

>全話ネタバレ一覧はこちら

 

-韓国漫画ネタバレ

Copyright © ハンタメ , 2020 All Rights Reserved.