韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ5話】緑陰の冠の最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「緑陰の冠」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」はこちら!

←前回 今回 次回→
第4話 第5話 第6話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「緑陰の冠」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。


【5話】ネタバレ

ラチア公爵家の4つの組織

早速臨時当主としての仕事に着手するランだが、ラチア公爵家は思ったより深刻な状況である。

領地は広いが、やせた土地が多く、唯一の穀倉地帯を差し押さえられてしまっている。

ラチア公爵家の仕事に従事する組織は大きく4つに分けられる。

1つ目に、邸宅の管理を行う執事、侍女、従者たち。

2つ目に、領地に関する仕事を行う行政官。

3つ目に、軍事のことを取り仕切る騎士団。

4つ目に、会計を担当する会計官である。

その中で会計官はクズであった。その原作の設定を決めたもはもちろんランであり、彼女はそれを後悔しているようだ。

ランは手を打つべく、行政官と騎士団長を彼女の元に呼び出すのだった。

行政官と騎士団長への指示

行政官のエリザベートと、騎士団長のブレインがランの部屋を訪れた。

ランはまず公爵家が財政的に厳しい状況であり、それが会計官による粉飾決算によるものであることを説明する。

エリザベートたちはそのことを当然知らず、公爵家が危機的状況であることを初めて知らされた。

そしてランは2人の前で、会計官をクビにするということを明言するのだった。

なぜ私たちのことは信頼してくださるのですか?と質問するエリザベート。

ランは、ここにいる間私もただ遊んでいたわけじゃありませんと答え、信頼していることを示す。

そして粉飾決算の証拠となる書類を自分の部屋に運ぶよう、ランはエリザベートに指示をした。

部屋を後にしたエリザベートは、信頼されるのも悪い気はしない…と思うのだった。

一方の騎士団長ブレインには北の山脈の調査を指示する。洞窟の中にラチア家を救う切り札があるのでとランは言い切るのだった。

疑ってくるロス

エリザベートとブレインに指示を与え、ランが部屋で疲れ切っていたところ、わざと向かわせたのですか?と聞いて来るロス。

山脈にある扉の周辺には危険な魔物がいて、ブレインを殺すためにそこに向かわせたのではと疑っているようだ。

彼はランがユスタフの勢力を削ごうとしていると考えたらしい。

その質問に、フフっとわらうラン。ユスタフが彼を信頼しているから私も任せただけだと言う。

またロスは他にもランのことを疑っていた。

当主としての教育を受けてきていないのに、当主になった途端に手際よく仕事をこなしている彼女をみて、まるで当主になることを待っていたようだと。

そんな疑いにも、そういうわけではないと笑顔でランは否定する。

そしてランはユスタフと本当の家族になりたいと言うが、ロスの彼女を見る目は怪しんでいるときの目そのものである。

そんな中、ドンドンドン!!と部屋のドアを叩く音が。

部屋に駆け込んできたのは、リンドバーグ男爵であり、ランは少し面倒くさそうな表情を見せるのだった。

【5話】感想

会計官なんて大事な役職の人がクズだったら大変ですね。それを決めたのはランなのでしょうがないですが。

とりあえず行政官エリザベートと騎士団ブレインが真面目そうな人で良かったです。

そしてランのことを過度に疑ってくるロスですが、彼の存在は中々厄介になって来るような気もしますね。

←前回 今回 次回→
第4話 第5話 第6話

>全話ネタバレ一覧はこちら

 

-韓国漫画ネタバレ

Copyright © ハンタメ , 2020 All Rights Reserved.