韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ37話】緑陰の冠の最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「緑陰の冠」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」はこちら!

←前回 今回 次回→
第36話 第37話 第38話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「緑陰の冠」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。


【37話】ネタバレ

※韓国版を読んだものを簡単にまとめました。

勝敗の行方

崖の下には矢が刺さった沢山のキャメロン侯爵の兵士が倒れていた。

勝機は明らかにラチアに傾いていた。

その時、1人の敵の兵士が兜を脱ぎ、ユスタフの目の前に立つ。

そして、キャメロン侯爵の長男であるアゴルは、ユスタフに決闘を申込むのであった。

2人は剣をぶつけ合うとあっという間にユスタフが優勢になった。

ユスタフは彼の首に剣を向けて、戦が少なくなった最近は捕らえた貴族を殺さないそうだがと言うと、アゴルは許しを請う。

その瞬間。ユスタフは剣を抜くと、彼を切り捨てた。

そして、ここは私のラチア、殺されることも考えないとと言うのであった。

ラチア万歳!!という歓声が沸き起こり、ラチアは領地戦の勝利を収めるのであった。

ユスタフとの再会

ユスタフが首都にある侯爵家の緑のアーチに到着すると、彼の姿を見るなりランは思い切り抱きついた。

ランが無事で良かったと言うと、ユスタフはハハっと笑い彼女を抱き上げた。

しばらく会わない間に声変わりをし、さらに身長が伸びたユスタフに驚くラン。

ユスタフはこんなに熱烈に歓迎してもらえるとは思いませんでしたと言う。

怪我はない?とランが心配すると、彼はもちろんです、私がそんなに弱く見えますかと答えた。

すると、ランはユスタフが伝説の勇者であっても私は心配するんだよと言うのであった。

「緑影」の存在

時は遡り、領地戦が宣言されてから数日後のこと。

初めて名前を聞く者から謁見の申込みがランに入った。

応接室にいってみると、そこには1人の男性がいた。

その男性は領地戦について心配ないと言う。ユスタフが勝利を収めるのだと。

ランはハッと「緑影」の存在に気が付いた。

そして、ランが私の知らないラチア公爵家の諜報機関があるのですねと言うと、男性はもうお分かりですかと答えた。

ランは勝利するのに何か特別な方法があるの?と聞くと、男性はユスタフのことを当主になるために準備された方でただの18歳ではないのですと答えた。そして、まだ他にも伝えたいことがあるのだと言う。

キャメロン侯爵は領地戦で勝利した場合は、鉱山の持ち分の半分を渡すと皇帝陛下に約束をしていたと。

ランは怒りで拳を強く握った。皇帝陛下は目の前の自分の利益を優先し、ランの謁見申請をずっと無視していたのだ。

ランは緑影は私が命令しても聞いてくれる?と聞くと、ユスタフの命令の方が優先されるが可能だと答えた。

ランは第二皇子の調査を緑影に頼むのであった。

そして、それから3日後。ラチア公爵家の勝利が社交界に激震を与えた。

【37話】感想

←前回 今回 次回→
第36話 第37話 第38話

>全話ネタバレ一覧はこちら

 

-韓国漫画ネタバレ

Copyright © ハンタメ , 2020 All Rights Reserved.