韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ36話】緑陰の冠の最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「緑陰の冠」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」はこちら!

←前回 今回 次回→
第35話 第36話 第37話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「緑陰の冠」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。


【期間限定】今だけ無料で読める人気漫画

読みたい漫画をクリック!


【36話】ネタバレ

※韓国版を読んだものを簡単にまとめました。

皇太子の企み

ランと皇太子は庭園を散歩をしていた。

卑猥な言葉を並べる皇太子に、ランはうんざりしていた。

ランは彼に無礼であると指摘するが、彼は全然気にしていないようである。

怒りで体を震わせたランはこれで失礼しますと言うと、帰って行った。

皇太子は不敵な笑みを浮かべて、彼女を手に入れる方法を考えた。

次期皇帝の私が後ろ盾になると言い、次期当主のユスタフに協力を持ち掛けるのはどうか。彼女はラチアさえなければ何の力もない。彼女が当主の座から失脚さえすれば、簡単に手に入れることができると企むのであった。

制服の完成

首都にあるラチアの公爵家「緑のアーチ」では、使用人の制服が出来上がり、盛り上がりを見せていた。

制服は高級材質のネイビーの生地に、役職別のボタン、袖の襟の色を変えて作られた。使用人たちの評判も上々である。

制服を作ったのには狙いがあった。制服を着ることによりラチア公爵家に所属感が強まったり、外でラチアの使用人だということが一目瞭然でわかるため人々に親切に接してもらえる効果もある。

ユスタフのいるラチアの本家の方にも送ったからきっと喜んでいるだろうな、と満足気な表情を浮かべるラン。

キャメロン侯爵の伝令

しかし、皇太子のことを考えると頭が痛かった。

原作の時点では皇太子はすでに死亡していた。そして皇太子妃はユスタフに一目ぼれし、ヒロインのシナに嫉妬して殺そうとするのであった。

どうするのがいいのだろうか?ランは頭を悩ませるのであった。

そんなランを見て心配するブレイン。

ランは仕方がないから皇帝陛下に謁見を申し込もうと思うと言う。皇太子を制御できるのは皇帝たった1人なのである。

バンッ。

勢いよく扉が開くと、キャメロン侯爵から伝令が来たと使用人が慌てて報告しに来た。

伝令の内容は領地戦を宣告であった。そして、キャメロン侯爵の兵士はもうすでにラチアの領地に侵入していると。

まだわずか18歳の年齢のユスタフを心配するラン。精霊を呼び出すことも考えたが、どんな大きい代償があるかはわからない。

ランはラチアに帰らなければいけないと言うが、ブレインは今から戻っても遅いです、ユスタフを信じましょうと言うのであった。

領地戦

ラチアの領地では戦が始まっていた。

戦場にいるユスタフの元には領地民に甚大な被害が出ているという情報が入った。そして、領地戦というには領地民に対する略奪が度を過ぎた状態であると。

キャメロン侯爵の兵士らは火を起こして寒さをしのぐために、手あたり次第に家や家具を壊していったのだ。

彼らを渓谷の道に誘い出したユスタフは、崖の上から敵の兵士らを見下ろした。この季節には泥沼になるから、ユスタフたちもこの道は利用しないところなのであった。

こんな基本的な調査もしないなんて、どれほどラチアを甘く考えていたのだろうか。

ラチアの当主は女性な上に騎士団を引き連れて首都に行っている。ラチアに残っているのはたった18歳の男とたいしたことのない騎士だと思ったのだろう。

ユスタフは兵士たちに矢を放つように指示をするのであった。

【期間限定】今だけ無料で読める人気漫画

読みたい漫画をクリック!


【36話】感想

←前回 今回 次回→
第35話 第36話 第37話

>全話ネタバレ一覧はこちら

【初回30日無料】Kindle Unlimited読み放題の人気漫画

読みたい漫画をクリック! 登録はこちら

>「Kindle Unlimited」の登録方法
>一気読みできるファンタジー漫画

 

-韓国漫画ネタバレ

Copyright © ハンタメ , 2020 All Rights Reserved.