韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ38話】緑陰の冠の最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「緑陰の冠」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」はこちら!

←前回 今回 次回→
第37話 第38話 第39話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「緑陰の冠」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。


【38話】ネタバレ

※韓国版を読んだものを簡単にまとめました。

皇太子と第二皇子

ユスタフは新しい衣装を作るため、採寸をしていた。この前まではランと同じくらいの身長だったのに、今はもう177㎝でまだ伸びそうだという。

ユスタフはサイズを測ってもらいながらランに、第二皇子についてお聞きになったんですねと言った。この前ランが緑影に依頼したことは、すでにユスタフにも伝わっていたようだ。

採寸を終えると、2人きりになったランとユスタフはさきほどの第二皇子の話を始めた。

第二皇子のことを気にしているランに、反逆でも考えているのですか?と聞くユスタフ。

そんなことを言われると思ってもいなかったランは、え!?どういう意味?と聞き返す。

しかし、ユスタフに追及されると、ランは正直に答え始めた。

皇太子がもし皇帝になれなかった時のことを考えて、第二皇子がどんな人か調べようとしていた。

そして、その調べるきっかけになったのは、彼と皇宮で散歩をするはめになった時にセクハラまがいのことをされたからだと言う。

お尻を触られたり、胸が大きく見えるとか言われたことを思い出したランは、不愉快な気持ちでいっぱいになった。

そして、皇太子に関心を持たれているおかげで、皇太子妃からも横暴な態度を取られたのだと言う。

事情を知ったユスタフは、それでは第二皇子のことを直接会ってみましょうと言うのであった。

話は変わり、領地戦でのユスタフの活躍の話題に。

みんなユスタフのことを一目みようと大騒ぎになっているとランは言う。

そして、本当にユスタフが…とランが言葉を詰まらせると、ユスタフは「私が直接キャメロン侯爵の息子を切ったのか」という質問なら、そうですよと答えた。そして、それより私は他の質問をされると思いましたと言う。

諜報機関の「緑影」のことである。

ランはそれに関してはあえて聞くつもりはなかった、どうりでお小遣いをたくさんもらうわけだと言う。そして、私はもう1年足らずで当主の座も譲ることになってるしとも。

ユスタフは首都に行く前にお願いされた樹液から作る砂糖の試作品を持って来たと話した。

ランは表情を明るくすると、これからは砂糖を思う存分食べれるし、領地民もみんなで楽しめると喜んだ。ユスタフは彼女の姿を見ながら、皇太子についてどうにかしないとと考えるのであった。

皇宮のクリスタルホールで

数日後。皇宮のクリスタルホールで今回の領地戦の補償金についての話がされた。本来は退屈なものであるが、今回は関心を集めるものだったので社交界は盛り上がっていた。

ユスタフの存在である。ラチア公爵家次期当主の彼を見ようと、クリスタルホールでは普段より人が多くなっていた。

ランとユスタフの元に令嬢たちが集まっていたところ、「ラチア公爵!兄さんを返して!蘇らせろ!」と叫ぶ少女が。

彼女はキャメロン侯爵令嬢であった。彼女はズカズカとランの前に出ると、彼女を引っぱたこうと手を上げた。

ユスタフはランを守ると、キャメロン侯爵令嬢の腕を掴んだ。そしてランを守れなかった騎士を咎めた。

腕を掴まれたキャメロン侯爵令嬢が放せ!この殺人者!と叫ぶと、ユスタフは冷たい口調でこう言った。

お前の兄を殺したのは私ではなく、お前の父の欲が子供たちを巻き込んだのだ。恨むならそちらにするべきでは?と。直接私に攻撃するならともかく、わざと姉を狙い手を上げるのはキャメロン侯爵家もその程度だということだろうと吐き捨てて、ランを連れて行くのであった。

【38話】感想

←前回 今回 次回→
第37話 第38話 第39話

>全話ネタバレ一覧はこちら

-韓国漫画ネタバレ