韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ34話】緑陰の冠の最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「緑陰の冠」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」はこちら!

←前回 今回 次回→
第33話 第34話 第35話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「緑陰の冠」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。


【期間限定】今だけ無料で読める人気漫画

読みたい漫画をクリック!


【34話】ネタバレ

※韓国版を読んだものを簡単にまとめました。

ランの狙い

ダイヤモンドの値段が高い理由は希少だからか?

埋蔵量でみればかなり多いダイヤモンドの値段が高い理由は、マーケティングによる価値である。

従来の魔石も質が落ち、埋蔵量が少ないわけでもないが、キャメロン侯爵が独占しているため価格が維持されていた。

私とリベリーが狙うのも同じだ。皇族が魔法使いを所有しているのにもかかわらず、氷水晶を愛用していることを知らせるのだ。

リベリーはランにラチア公爵家主催のパーティーを開くように言うのであった。

ラチア主催のパーティー

社交界ではラチア公爵家主催のパーティーの噂があっという間に広がった。

冬なのに暖かかった、きらめく照明がすごかった、公爵家の製品をもう皇室では全て注文したそうですよ?と絶賛し、ラチア公爵家のパーティーに招待されることが社交界のステータスになるほどであった。

しかし、一方ではランは正統な血筋ではなく下級貴族の娘だとか、社交界で男を捕まえて結婚するつもりだとか、悪い噂も流れた。そして、キャメロン侯爵が怒ってどうにか粗探しをしようとしているとか。

もちろんランはそんな噂を気にしなかった。そして、彼女の元には求婚者たちからたくさんの贈り物が届くのであった。

ランの元に執事のロルフがやって来た。キャメロン侯爵がまた約束もなしに来たのだ。

今度こそ彼にハッキリ言わなくちゃと思うランは、彼に会うことにするのであった。

キャメロン侯爵の訪問

ランの顔を見るなり、さっそく嫌味を言うキャメロン侯爵。

キャメロン侯爵は彼女のことを本物のラチアでもないのに生意気であると考えていた。

そして、彼は怒りで拳を握ると、最後に警告をしに来たのだと言った。

貴族じゃないお前にはわからないだろうが、私たちには私たちのルールがある。それをお前が邪魔をしてるんだ!と。

彼はランが自分たちを陥れ、市場を独占しようとしていると言うのであった。

ランは冷静に言い返す。私の商品の価格をいくらにしようが私の勝手であり、侯爵にあれこれ言われる筋合いはないのだと。

魔法細工師のギルドは私のものだと言い、するどい視線をランに送るキャメロン侯爵。

こんなことをしていると痛い目に合うからなと警告をすると、キャメロン侯爵は部屋に出て行くのであった。

ランが暗殺者でも使うつもりかな?と言うと、騎士団長のブレインは警備を強化すると答えた。

ひょっとして、領地戦をしようとしているのでは?とランが聞くと、ブレインは冬に戦争を起こす者はいないし、領地戦をするには皇帝の認可が必要だと答えるののであった。

マダム・ノワーズ

そこに、リベリーがマダム・ノワーズを連れてやって来た。

リベリーはランに会うなり、そのドレスは着ないでくださいと言う。ランのドレスは一昨年流行った旧式のもので、サイズを調整するために布を継ぎ足していた。そんなドレスはラチア公爵家の当主にふさわしくないし、社交界でも知れ渡っていますと主張するリベリー。そして、首都で有名なマダム・ノワーズを特別にお連れしたのだと。

マダム・ノワーズはお手頃の金額でやりますので、ご希望を何なりとお申し付けくださいと言うと、ランは喜び、さっそく使用人の制服を作りたいと言うのであった。

皇宮へ

皇后主催のお茶会に招待されたランは皇宮にやってきた。

挨拶を済ませ席に通されると、1つ空いている席があることに気付く。

皇后はここに皇太子妃も来るのだと言うのであった。

【期間限定】今だけ無料で読める人気漫画

読みたい漫画をクリック!


【34話】感想

←前回 今回 次回→
第33話 第34話 第35話

>全話ネタバレ一覧はこちら

【期間限定】今だけ無料で読める人気漫画

読みたい漫画をクリック!


 

-韓国漫画ネタバレ

Copyright © ハンタメ , 2020 All Rights Reserved.