韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ33話】緑陰の冠の最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「緑陰の冠」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」はこちら!

←前回 今回 次回→
第32話 第33話 第34話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「緑陰の冠」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。


【33話】ネタバレ

※韓国版を読んだものを簡単にまとめました。

ランの話したかったこと

ランが首都に行く前にユスタフに話しておきたかったこと。

彼女は植物が記載された書類を渡すと、樹液から砂糖を作りたいという話をした。

これが実現すれば高騰する砂糖の価格に怯えなくても済むようになるのだ。

まだランも具体的にはわかっていなかったが、でもこれが成功すればラチア公爵家の財政はさらに改善が見込まれる。

ユスタフはランが首都に行っている間に試行錯誤してみると言った。

話は変わり、氷水晶を魔法細工して作った魔法のアクセサリー「天馬の翼」が今首都で流行っているのだと言う。

天馬の翼は華やかなだけでなく、つけると馬の筋力と持久力が上昇するのだ。皇后が使い始めたのをきっかけに、一気に貴族たちに広がったのだと言う。

氷水晶だけでなくこういう魔法細工にして収益化することも可能なのだ。

しかし、ランはこれから首都に行って、皇后に会うのが憂鬱であった。氷水晶の出処がラチアであることを知れば、皇室から莫大な税金を要求されることになるからだ。

300年前に帝国が建国された時、初代皇帝ライアンは全ての土地を奪い既存の豪族を追い出すと、自分の家臣に土地を与え爵位を与えた。

しかし、ラチアは300年以前から唯一変わらない家門で、帝国よりもはるかに歴史がある。ラチアには魔法使いも近づけないし、あまりにも険しい場所にあるので初代皇帝も制服を出来なかったのだ。

純白の扉を守ること、北部の土地がやせているという理由で、これまでラチアの納める税金は安くすんでいたが、氷水晶の採れる鉱山があるというなら話は変わる。

皇帝が無理な要求をしてくる前に適度に国に払う手数料を増やして対策しようと話すランたち。

ランが食べ物をほうばると、ユスタフは彼女の口元についた食べかすをとってあげる。

いったいいくつなんですか?と言うと、ランは19、20になるよと答えるのであった。

リベリーの助言

首都に向かうため、ランはそりに乗った。ラチアは雪が積もっているため、そりを移動手段にしたのだ。

ユスタフは行ってらっしゃいと言うと、お酒は飲まないようにと忠告するのであった。

ライアを離れてから1か月。

首都に到着したランは快適に過ごしていた。まだ到着したばかりなのに、ランの元にはたくさんの招待状が届いた。

ゴールデンローズのリベリーがやって来ると、ランのことを最近1番注目を集めている人ですものと言った。

本題に入ると、リベリーは氷水晶のためにまず皇后に謁見する必要があり、その際キャメロン侯爵に気をつけないといけないと言う。

キャメロン侯爵は以前から魔石鉱山を独占しており、こちらも万全の準備をしておいた方がいいと言うのであった。

【33話】感想

←前回 今回 次回→
第32話 第33話 第34話

>全話ネタバレ一覧はこちら

-韓国漫画ネタバレ