韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ29話】緑陰の冠の最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「緑陰の冠」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」はこちら!

←前回 今回 次回→
第28話 第29話 第30話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「緑陰の冠」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。


【29話】ネタバレ

※韓国版を読んだものを簡単にまとめました。

純白の扉の儀式

大賢者イブリアは黒髪で黒い瞳の女性。彼女は魔法で平地から山脈を生み出した。その様子を描いた絵画はラチア公爵家に飾ってある。

馬に乗った一行はようやく純白の扉に到着した。真っ白な扉にはラチアの紋章だけが刻まれている。

ランはユスタフに手を差し出すと、彼から指輪を預かった。

指輪をはめたランが扉の手に触れると、扉から光が放たれた。

この簡単な作業が毎年ラチアで行われる新年の儀式である。今年は私がやったが、もうすぐユスタフがやることになる。

時間もほとんどかからないこの儀式のために、大変な思いをして毎年ここまで来ないといけないのだ。

ランが下山の心配をしていると、ユスタフは帰りは一緒の馬で帰ろうと言う。

愛情

ランは彼の後ろに乗ると、ユスタフはしっかりと握るように言う。

ランは彼の腰にしっかりと手を回すと、ユスタフの身長がまた伸びたことに気が付いた。

たくさん育ってねと思ったランが彼の頭を撫でると、ユスタフはびっくりして振り返った。

何をしているんですか?と聞くと、ランはお姉さんの愛情だよと答えた。

いらないと言うユスタフの髪を、再度触るラン。そして、思いっきりユスタフを抱きしめた。

驚いたユスタフはハハっと声を出して笑う。彼が声を出して笑うのは珍しかった。

そして、ユスタフは頭を撫でるのがどうして愛情なんですか?と聞いた。ランは愛情表現だよと答える。

自分の母にそうしてもらえなかったユスタフは、それが愛情表現だということにピンと来ていないのであった。

ユスタフの母は良くも悪くもプライドの高い人であった。母が死にそうなときに父は他の女性に求婚をしており、彼女はそれを知っていた。母も大変な思いをしていたのだと。

頭を撫でてもらった思い出と言えば、幼い頃に乳母がしてくれたのだとユスタフは言う。彼女は甘やかすからと言って、結局屋敷を追い出されてしまったが。

ユスタフは思った。すっかり忘れていたことだったのに、なんだかランの前だとどんどん本音を漏らしてしまう気がすると。

【29話】感想

←前回 今回 次回→
第28話 第29話 第30話

>全話ネタバレ一覧はこちら

-韓国漫画ネタバレ