韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ28話】緑陰の冠の最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「緑陰の冠」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」はこちら!

←前回 今回 次回→
第27話 第28話 第29話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「緑陰の冠」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。


【28話】ネタバレ

※韓国版を読んだものを簡単にまとめました。

協議

魔法使いたちと協議をするラン。

魔法使いの1人の男性はランたちのことを見てこう思った。

当主になったばかりなのに手ごわい…そして、彼女の後ろに立っている護衛、なぜ護衛なのにあんなに存在感があるのか。

ランは口を開くと、私は無理な要求するわけではないです、魔術師協会がラチアと敵になりたくなければですね。

さきほどの魔法使いの男性リジェンドは、わかりましたと答えた。彼女の要求に不当な点はないと思うと言う。

ランはドワーフとおつなぎいただければ、代わりに魔術師協会に魔石を安く供給しますと約束した。

そして、リジェンドは色のある氷水晶の効能について口外しないで欲しいのと、研究用で少しこちらに供給して欲しいとお願いをした。

協議が終わると、ランは立ち上がりテントを退出した。

帰り際。リジェンドはその護衛はラチア公爵家の騎士なんですか?と聞く。ランは私の弟です!と答えると笑った。

リジェンドは彼が次期ラチアの当主だということに気が付いた。今日協議できて良かった。ラチアはしばらく安泰だねと思うのであった。

ランとユスタフは森の中で待っている騎士団たちの元に戻って来た。

ランは無事に仕事が終わったことを騎士団長のブレインに報告をした。

そして、帰りの馬車のこと。ランは魔法使いが私を脅したり魔法を使ったりすることもあるかと思ったと打ち明けた。そう思ったのに騎士を置いて彼らの元に行ったのですか?と言うユスタフ。

まずは交渉のテーブルに着かないと話が進まないから…とランは言い、でもユスタフが一緒に行ってくれたじゃんと笑顔で言った。

それを聞いたユスタフはフッと笑った。彼は最近笑うことが多くなった。

そして、寒くなるからと言い、上着をランにそっとかけてくれるのであった。

ラチアの冬

数日後。12月中旬のラチアに雪が降った。

ランは暖かい布団にくるまった。ラチアの冬がすごく寒いのに暖かく過ごせるのは、魔法細工師のフランチェが氷水晶で作った魔法道具「タサ」のおかげであった。

いくつか作ってユスタフや皇室にも送った。社交界では口先よりも直接見せるのが最高の広告なのである。

どうか流行しますように!とランは強く願うのであった。

新年の恒例儀式

ラチア公爵家の新年の恒例儀式は純白の扉で行われる。

ランはしっかりと防寒し、馬に乗った。ユスタフや多数の騎士たちを連れ、扉に向かうのであった。

【28話】感想

←前回 今回 次回→
第27話 第28話 第29話

>全話ネタバレ一覧はこちら

 

-韓国漫画ネタバレ

Copyright © ハンタメ , 2020 All Rights Reserved.