韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ22話】緑陰の冠の最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「緑陰の冠」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」はこちら!

←前回 今回 次回→
第21話 第22話 第23話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「緑陰の冠」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。


【22話】ネタバレ

※韓国版を読んだものを簡単にまとめました。

初めての依頼

氷水晶を見て、あまりの大きさと美しさにリディアはとても驚いた。

彼女は魔法細工師になってから20年経つが、こんな魔石は見たことがなかった。

そして、ランがこの魔石はたくさんあるんですと言うと、リディアはさらに驚いた。

ランはこの魔石を「氷水晶」と名付け、大衆的にみんなが使えるようになるのが目標なのだと話した。

魔法使いはラチア半径10km以内に接近してはいけないという規定があり、魔法細工師はその規定の対象外とは言えラチアを敬遠することが多かった。だから、女性のリディアや幼い男の子のフランチェを、ギルドは送って来たのだろう。なんて悪い奴らなんだと思うラン。

ランは自分の胸に手を当てると、女同士助け合いましょう、どうかいい作品を作って公爵家の専属魔法細工師になってくださいと言った。

そして、さっそく注文したいものがあると言うラン。それは、布団を暖かくしてくれる魔法道具であると。

来客

もうすぐ冬がやって来る。ラチアの9月は上着を身につけなければいけない季節である。11月になると本格的な冬に突入し、4月までそれが続く。

でも今年は温風機と一緒に電気カーペットも使えるはずと期待をするラン。

そこに、ユスタフがやって来た。彼は特別な客人を連れて来たのだと言う。

現れたのは髪の長い耳のとがった男性。彼女がここに呼びたかった"エルフ"が来たのであった。

ランはエルフと取引をするためにゴールデンローズを通じて、彼らに赤い魔石を送っていた。

エルフの男性はランに赤い魔石はどこで手に入れたのか聞く。しかし、ランは答える義務がありますか?と聞き返した。そして、私たちは対等に話をしたいと思っているのですと言った。

すると、エルフの男性は「ハーレッシュ」と言った。どうやら彼の名前らしい。

ランはハッとすると、ユスタフに赤い魔石の話をするのを忘れていたことに気付く。こんなにエルフが早く来ると思わなかったから話そびれてしまったのだ。

ラチアには、一般的に知られる人間が直接使用可能な透明の魔石以外にも、エルフやドワーフのみが使用できる赤い魔石と青い魔石が存在する。

魔法使いは赤い魔石や青い魔石に近づくだけで、魔力が変質してしまう。だから魔法使いはラチアに近づけないのであった。

異種族との取引は容易ではないが公爵家の財政のためでは必要なことであり、これがその第一歩になるだろう。

ランはお茶でもどうですか?と聞くと、彼は人間のお茶は質が落ちるから水でいいと答えた。

相手の気持ちは考えずに、はっきりと物を言う。仲睦まじい営業をする商人ではない。そんな相手の方がこちらも取引がしやすいと、ランは思うのであった。

【22話】感想

ランは次々とビジネスを展開していってすごいですね。この調子ですと、すぐに財政は安定しそうですが、また新たな敵が現れたりするのでしょうか。

まずはエルフとの取引が上手くいくと良いと思います!

←前回 今回 次回→
第21話 第22話 第23話

>全話ネタバレ一覧はこちら

-韓国漫画ネタバレ