韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ21話】緑陰の冠の最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「緑陰の冠」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」はこちら!

←前回 今回 次回→
第20話 第21話 第22話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「緑陰の冠」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。


【初回30日無料】Kindle Unlimited読み放題の人気漫画

読みたい漫画をクリック! 登録はこちら

>「Kindle Unlimited」の登録方法
>一気読みできるファンタジー漫画

【21話】ネタバレ

※韓国版を読んだものを簡単にまとめました。

未来の公爵夫人

ランとユスタフは執務室で業務を行っていた。

ランは母の宝石類を売って、家臣たちから借りていたお金を返そうと思うと話した。借りていた額が大きいから利子の返済でも苦労しているのだった。

元々、原作通りだったら叔父のリンドバーグ男爵が摂政の座につき、ラチア領の土地を売りさばいた。そして、爵位と屋敷だけ残った貧しい公爵家になり、伝染病により叔父や家臣や民の大多数が死んでしまうのだ。膨大な借金が残った公爵家をユスタフが継ぐことになっていた。今まではただの小説の男主人公だと思っていたけど、そうでないとしたらユスタフにとってラチアは本当に大切なのかもしれない。

ランはユスタフに話しかけた。あなたがいなかったら私はとっくに公爵家から去ることになっていたはずだよと。

この世界が私が書いた小説でなくても、ここの人物に対する愛情がなくなるわけじゃない。ランはそう思った。

すると、ロスは主君がいて良かったですねと言うと、ユスタフに紅茶を出した。

そして、ランのところにも紅茶を出すが、乱暴に置くからカップからこぼれてしまう。

わざと私だけにこぼしたなとランが思っていると、ユスタフは汚れるからと言い、自分のカップと取り変えてくれるのであった。

そして、さきほどの宝石類の話に戻る。ユスタフは本当に遺品を処分しても大丈夫なの?と尋ねた。ランは一部を売り、一部は未来の公爵夫人のために残しておくよと言うと、未来の公爵夫人は空から降ってくるかもしれないよ?と笑った。

ヒロインのシナを見たことはないけど、きっと綺麗な人だろう。後でシナが登場してユスタフと恋に落ちたら、またこの話をしてみよう。"あの時、空から降ってくるって言ったでしょ?"と。

未来の公爵夫人すなわちユスタフの結婚相手の話をすると、彼の表情は少し不機嫌になった。

そんな様子の彼を見たランはどうしたんだろう?と不思議に思うのであった。

魔法細工師の訪問

時はあっという間に流れた。

母のネックレスをいくつかお金に換え、ワイルド男爵家とランス男爵家にまず借金の返済をした。

すると、当主のランが前公爵夫人の宝石類をすべて処分したという話とともに、公爵家の財政状態に関する噂が従業員の中で急速に広まった。

多少の噂は覚悟していたが、まさか公爵家が破綻危機という噂が流れるとは思っていなかったとランがユスタフに相談するが、彼はは良かったですねと言い、たいして気にしていない様子。

あ!そうか!ランはユスタフの言葉の意味がわかった。

これを機に、従業員をお金を見て仕える人とそうでない人に見極めることができるのだと。

ユスタフはどうせ噂は氷水晶が公開されたら消えるのだと言う。

コンコン。使用人からギルドの魔法細工師が到着したと報告を受ける。

部屋に通されたのは、魔法細工師は女性と幼い男の子。

彼女の名前はリディアで、男の子の名前はフランチェだと言う。そして彼女らは親子ではないのだと。

ランは私が魔法細工師を呼んだ理由と、これからの作業については秘密にするよう願いをした。そして、使用人に氷水晶を持ってこさせると、あまりの大きさと美しさにリディアはとても驚くのであった。

【21話】感想

ランは当然ユスタフがヒロインのシナと恋に落ちて結婚をするのだろうと思っていますが、ユスタフは不機嫌になってしまいます。多少の好意は感じ取れますが、ユスタフはランのことをどう思っているのでしょうか。

←前回 今回 次回→
第20話 第21話 第22話

>全話ネタバレ一覧はこちら

【期間限定】今だけ無料で読める人気漫画

読みたい漫画をクリック!


 

-韓国漫画ネタバレ

Copyright © ハンタメ , 2020 All Rights Reserved.