韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ23話】緑陰の冠の最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「緑陰の冠」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」はこちら!

←前回 今回 次回→
第22話 第23話 第24話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「緑陰の冠」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。


【期間限定】今だけ無料で読める人気漫画

読みたい漫画をクリック!


【23話】ネタバレ

※韓国版を読んだものを簡単にまとめました。

異種族間取引

ランはエルフと取引の話を始めた。

会話中、終始まるでこちらを見抜いているかのようなランに驚くハーレッシュ。

さらに、ランはドワーフとも取引するつもりだと言う。それを聞くと嫌悪感を示すハーレッシュ。エルフ族とドワーフ族はあまり仲が良くないのだ。

ランは話を続けた。でも両族間の交流は必要じゃないですか?間に私が入れば楽に交流することができますと。

魔石を売るのは始まりに過ぎない。むしろランは魔石の話をエサに、本当の目的は「人間」「ドワーフ」「エルフ」の異種族間で貿易をすることであったのだ。

ランは心の中で強く願った。お願いだから、この取引に応じて!と。

すると、ハーレッシュは自分の一存では決められないから、戻って長老たちと相談してから答えを出すと言う。

いったんこの話は終わりにして、今度はハーレッシュにお願いをしていた人間の治療の話に。

ランは家臣のイルミニティ伯爵の令嬢の治療を頼んでいたのだ。

ランは今日はもう遅いから、また明日訪問することにしてもいいですか?とハーレッシュに聞く。そして、泊るところを案内しようとすると、ハーレッシュは人間の家は窮屈で嫌だから明日また来ると言い、さっと部屋の窓から出て行くのであった。

ユスタフへの説明

エルフの出て行った窓を閉めて振り返ると、赤い魔石を触りながら「それでは説明をしてもらいましょうか?」と言うユスタフ。

彼にはいろいろと説明をしていなかったことを、ランは思い出すのであった。

説明に入る前に、ランはリンドバーグ男爵はどうしているのか尋ねた。

ユスタフは言ってませんでしたっけ?と言うと、追放された後に喧嘩に巻き込まれた息子のロビーが死亡し、男爵は今大人しくしていることを話した。

まったくそんな話を知らなかったランは驚くのであった。

ユスタフは話を戻すと、赤い魔石とは何なんですか?と聞く。そして、今日来たエルフのことも。

ランはユスタフに事情を説明をする。

その話により、赤い魔石のせいで魔法使いがラチアに立ち入ることができず、これを使って異種族と取引をしようとしていることをユスタフは理解した。

ユスタフはどうしてこんなことがあなたに分かったのかという質問は先送りにします。ところで、私だったらこの魔石をどうやって使うかわかりますか?と尋ねた。

そして、ユスタフは自分だったら魔法使いを攻撃するために使うと言う。少なくとも威嚇する武器にはなる。これさえあれば魔法使いを廃人にすることも可能だからと。

自分の意見を言った上で今度は、姉上だったらどうするつもりですか?と聞いた。

ランは魔術師協会にこの魔石の危険性を知らせて、あとで異種族取引で使おうと思っていたと話した。

意外にもユスタフはその意見を受け入れてくれた。そして、魔術師協会は自分たちの弱点が世間に公表されるのは1番怖いはずですからと言う。

考えてみたら、本当に恐喝しているようにも見えるかもしれない。魔法使いにとっては脅威になる魔石でも、私たちは異種族との交流にのみ使うだけ。だから、魔法使いたちは私たちの取引を気にせず、ただ知らないふりをしてくれさえすればいい。結構、賢い考えではないかとランは思った。

ユスタフはランに突然こう言った。

ラン・ロミア・ド・ラチア。あなたはいったい何者なんですか?と。

【初回30日無料】Kindle Unlimited読み放題の人気漫画

読みたい漫画をクリック! 登録はこちら

>「Kindle Unlimited」の登録方法
>一気読みできるファンタジー漫画

【23話】感想

話がややこしくなってきましたが、ランは赤い魔石でエルフと、青い魔石でドワーフに取引を持ち掛け、最終的に異種族間取引をしようとしているみたいです。

ランは赤い魔石のことなどあまりにもいろいろ詳しいので、ユスタフは彼女に疑いの目を向けていますが、どうなってしまうのでしょうか。次回も楽しみです。

←前回 今回 次回→
第22話 第23話 第24話

>全話ネタバレ一覧はこちら

【期間限定】今だけ無料で読める人気漫画

読みたい漫画をクリック!


 

-韓国漫画ネタバレ

Copyright © ハンタメ , 2020 All Rights Reserved.