韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ19話】緑陰の冠の最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「緑陰の冠」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」はこちら!

←前回 今回 次回→
第18話 第19話 第20話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「緑陰の冠」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。


【19話】ネタバレ

犯人とその処遇

ロビーがリンドバーグ男爵と共謀してランを襲おうとしたという話をユスタフから聞き、ランはゾッとしていた。

だからやむを得ずランを別の部屋に運んで寝かせたのだと。

そしてランが倒れている間に問い詰めたら、共謀者らが興味深い名前と事実を白状したという。

やはり黒幕はリンドバーグ男爵であり、彼の身柄もすでに拘束済みである。

リンドバーグ男爵の処遇については死刑だとさすがに重すぎるため、爵位を剝奪して財産も没収したうえで領地から追放ではどうかとランは言う。

ユスタフもそれに同意するのだった。

おとり作戦

ランはユスタフをまじまじと見ると、彼は主人公でも私が書いた小説の犠牲者でもなく、1人の人間として向き合うべき存在だと思った。

精霊からこの世界はランが創作したものではないと知らされたからだ。

そしてランはリンドバーグ男爵が行動を起こすことを知っていたのかとユスタフに聞くと、彼は知っていたと言う。

ユスタフは全て分かったうえで、あえてランに知らせなかったのだ。

またユスタフ曰く、ランの当主になってから行動が早すぎて、相手も追いつめられて予想より早く動き出したのだろうと。

わざと放置されたことにランは少し納得がいかない様子だ。おとりになるのはやはり嫌な気分である。

しかしランが気づいてしまったら、相手がどんな汚い手を使うか読めなかったから不安だったのだとユスタフは言うのだった。

ランの決心

ランは以前自分が”私を殺さないで”と言ったことについて、今思っていることを話し始めた。

私死ぬつもりないから。ユスタフが望むなら死んであげるって言ったの…あれナシにして!それと多分反撃するかも。

彼女はそうはっきりとユスタフに告げた。

そして心の中では、もうあなたに後ろめたい気持ち感じてないから!と思っていた。

彼女は一生懸命生きると決心したのだ。

その話に、ユスタフは珍しくフッと少し笑顔を見せる。

それは嬉しい知らせですね。そう簡単に死なれるのは嫌だったので。

彼はそのように返事をするのだった。

【19話】感想

ランがユスタフにはっきりと言った、私死ぬつもりないからという言葉。きっとユスタフもその方がしっくり来たのかもしれませんね。

珍しく笑顔を見せていましたし、ランにはラン自身のために生きて欲しいと思ってそうな気がします。

2人のこれからの関係がますます近づいていくと良いですね。

←前回 今回 次回→
第18話 第19話 第20話

>全話ネタバレ一覧はこちら

-韓国漫画ネタバレ