韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ17話】緑陰の冠の最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「緑陰の冠」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」はこちら!

←前回 今回 次回→
第16話 第17話 第18話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「緑陰の冠」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。


【17話】ネタバレ

精霊の世界

ランの前には、頭と下半身が豹で翼の生えた精霊が現れた。

その精霊が翼をバサッと動かすと、周りの霧は晴れ、真っ白な机と椅子が出現する。

精霊の世界には厳格な階級制度が存在して、定められた階級が変わることはない。

精霊王を頂点に、最上級、上級、中級、下級、最下級と、ピラミッド型で成り立っているのが精霊の世界である。

その話を聞いたランは、目の前の精霊を見て、この精霊は上級?いや最上級かもしれないなどと思うが、彼らの階級までは教えられず分からないのだった。

既に存在する世界

豹の精霊が、そなたはこの世界についてどこまで書いた?とランに聞いてきた。

言葉に詰まるランだが、すかさず豹の精霊は話し続ける。

豹の精霊曰く、この世界はランが創作したものではなく、ランはすでに存在する世界を読み取ったのだという。それはいわゆる預言者というようなものだ。

でも私が考えた設定になってました!と反論するランだが、まさしく読み取ったから設定どおりなのだと彼は言う。

そして豹の精霊にも、ランがこの世界にいる理由はわからないらしい。

ただ1つ言い当てててみようと言うと、ランは元の世界でも死んでおり、その体の主は同じ名前なのでは?と言ってくる。

彼の言う通り、ランは元の世界でもランという名前であった。

このような出来事は稀有なものであるというが、世界の成り立ちはまだ精霊たちにもわからないことがあるのだと。

そしてランがここにいるのは、この世界を読み取ったのが原因であり、その体の近くに「扉」があったのだろうと言う。

待っていたユスタフ

豹の精霊の難しい話に、困り顔でドサッと座り込むラン。

そして精霊たちは一方的に話を切り上げて帰ろうとする。

読む者に出会うのは珍しい事なんだ。楽しかったよ。ボクの名を知る異邦人よ。

イスタリフがそう言い残すと、彼らは消えていく。

待って!そっちの疑問が解決したら終わり?とランは思うが、次の瞬間には目を覚ますのだった。

目覚めたらランは公爵夫人の部屋で寝かされていたようで、目覚めた彼女を心配して使用人が話しかけてくる。

そして使用人曰く、ユスタフはランが目覚めるのをずっと待っていたというのだった。

【17話】感想

結局ランの前に現われた3人の精霊はそれぞれどんな階級なのでしょうか。明記されていなくてわかりませんでした。雰囲気的に豹の精霊がわりと偉そうに見えましたが。笑

またこの世界はランが創作したものではなく、既に存在していたと言う話は予想外でしたね。転生ファンタジー系でもこういう裏切り方は新鮮です。

ますます続きが楽しみになってきました。

←前回 今回 次回→
第16話 第17話 第18話

>全話ネタバレ一覧はこちら

-韓国漫画ネタバレ