韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ16話】緑陰の冠の最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「緑陰の冠」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」はこちら!

←前回 今回 次回→
第15話 第16話 第17話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「緑陰の冠」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。


【16話】ネタバレ

目覚めたら

薬を飲んだ途端に気を失って倒れてしまったラン。

目を覚ますと、一面真っ白で霧に包まれて何も見えない場所にいた。

そして目の前にはイスタリフ。炎の精霊であり、下半身が馬のようになっている。

状況が理解できないランに、キミはどうして僕の名前を知ってるのかな?とイスタリフが聞いて来る。

彼女は当主を決めるべく指輪を付けた際に、イスタリフの名前を知っていたからだ。

だがランはここがどこなのかを聞き返すと、イスタリフ曰く精神界なのだと。

精神界はとても深い夢の中でしか繋がらないらしい。

そしてイスタリフはまた、どうして自分の名前を知っているのかをランに問う。

しかし私が書いた小説の世界などとは言えないと思ったランは、教えないと答えるのだった。

精霊たち

そんな話をしていると、下半身がヘビの精霊が出てくる。

それは「惨撃」という名の精霊で、もう一つの公爵家である薔薇のウスラに宿る精霊である。別名は、黒く光る槍。

そしてイスタリフが、僕の名前を知っているのはなぜかと改めて聞いて来ると、ランは教えたらここから出すようにと約束を取り付けた。

そしてランはここが自分の書いた小説の世界であると正直に話す。

その話を聞いた惨撃は、「プハニアス」だな呟いた。

プハニアスとは「読む者」という意味らしく、だから僕の名前を知っていたのかとイスタリフは納得するのだった。

イスタリフと惨撃で勝手に話をしている中、話に置いて行かれるラン。そのときまた別の精霊が現れた。

ほう。プハニアスとは珍しい旅人だ。

そう言う声のするほうを見ると、顔と下半身が豹の姿というこれまた見たことないような風貌をしている精霊である。

ランはその精霊に、何か威圧感を感じるのだった。

【16話】感想

急にファンタジー感が増してきましたね。下半身が馬だったり、ヘビだったり、豹だったりと。

今のところ彼ら精霊たちは悪い者には見えませんが、ランに何か協力してくれるでしょうか。

新たな世界観に突入し、続きが頼みです。

←前回 今回 次回→
第15話 第16話 第17話

>全話ネタバレ一覧はこちら

-韓国漫画ネタバレ