韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ15話】緑陰の冠の最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「緑陰の冠」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」はこちら!

←前回 今回 次回→
第14話 第15話 第16話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「緑陰の冠」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。


【15話】ネタバレ

ラチアの真夏

暖炉の前で仕事の話をしているランとユスタフ。

ランはゾクッと寒気を感じる。ラチアは真夏でも冷えるのだ。

それをヒントに、暖房器具みたいなものを作れないかと考えるラン。

魔法細工師を呼んで品物を作り、領民たちに安く提供するのはどうかなと提案し、ユスタフと共に検討するのだった。

また今魔術師たちがラチアに来たいと騒いでいるらしい。

リベリーが魔術師たちに氷水晶を見せた途端、魔術師協会は騒然とした。原石に宿るすさまじい魔力にも驚いたが、腕よりも太い魔石があると伝えたからである。

ランは彼らの存在を、魔法に関するルート開拓に役立つかもと思うのだった。

社交シーズン

そして話題は社交シーズンの話に。

ほとんどの貴族はこの時期に首都タウンハウスに集まる。遮光器は12月から8月で、ピークは5月から7月である。

この時期は毎日舞踏会が開催されるのだ。

ただし社交シーズンの舞踏会に参加するには成人式を終える必要がある。残念ながらユスタフは参加することが出来ない。

そしてランは、この社交界をチャンスと考えていた。

貴族たちが集まる宣伝にぴったりの場であり、魔石以外にも見たことない魔法細工で作った品物を披露しようというのだ。

特に皇宮「黄金の白鳥宮」で開かれる大規模な舞踏会は絶好のチャンスである。

また首都に出向いたら準主役の男キャラを探さないととも考えていた。

名前はルミエ。

奴隷の中から名前だけで探すのは難しい…

ランはそんなことを考えていると、そろそろ休んではどうですかとユスタフに提案されるのだった。

ランに出された薬

部屋に戻り湯船につかるラン。

仕事がはかどるしユスタフがいてよかったと彼女は思っていた。

長湯には気を付けてくださいという使用人の呼びかけで彼女は風呂を上がった。

彼女の元には体力回復のために薬が出されるが、その薬を口にした途端に眠気が彼女を襲う。

そしてランはすぐにバタッと倒れてしまうのだった。

【15話】感想

何か品物を作って売ろうとしているランですが、彼女はかなりビジネスマンな感じがしますね。笑

ゴールデンローズと取引したところ辺りから、すごくビジネス感がします。

薬を飲んで倒れてしまったランですが、黒幕はリンドバーグ男爵でしょうか。今のところ黒幕になり得るヤツがそれしか思いつきません。笑

←前回 今回 次回→
第14話 第15話 第16話

>全話ネタバレ一覧はこちら

 

-韓国漫画ネタバレ