韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ14話】緑陰の冠の最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「緑陰の冠」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」はこちら!

←前回 今回 次回→
第13話 第14話 第15話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「緑陰の冠」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。


【14話】ネタバレ

不愉快

なぜ殺されても仕方ないと思うのですか?とランに問うユスタフ。

同情?罪悪感?それとも自暴自棄?と問い詰める。

そして、いずれにせよ不愉快ですと彼は言い切るのだった。

その言葉に対し、ユスタフは私のこと憎んでない?とランは聞くが、ユスタフも自分ではわからないようだ。

ランは、もしユスタフが私を殺すとしたらそれなりの理由があると思ってると言う。

でも殺さずに済むなら言って!すぐに出て行って二度とあなたの前に現われないわ。

そう言うランのことを、全くわからない人だとユスタフは思うのだった。

密告者

話は変わり、リンドバーグ男爵の件についてである。

彼はラチア公爵家の内部事情についてだいぶ詳しいようで、ランの健康状態のことも知っていた。

それはおそらく密告者がいるということである。

ランとユスタフは、その密告者をあぶり出そうと言うのだった。

計画の前倒し

リンドバーグ男爵は怒り狂っていた。

下賤な女め!次男に生まれ父から男爵領を任されたが、モス・ウリス・ド・ラチア…わしもラチアの姓を受け継ぐ者なのだ!

彼はそう思い、一滴の地も繋がっていない娼婦の娘が!と叫んで机をひっくり返す。

そしてランがどうやって青炎の指輪をはめたのだ?と改めて考えていた。

すると彼は息子のロビーを呼び出し、計画を前倒しにするだけだと考えにニヤッと笑う。

彼の元に来たロビーに、ランを結婚相手としてどう思う?と聞くリンドバーグ男爵。

そして、次期ラチア公爵はお前のものだと彼はロビーに対して言うのだった。

【14話】感想

まさかユスタフが不愉快だと言うとは。でもランはその言葉に傷ついた感じではないので良かったです。

お互い信頼関係を築くためには、まだまだ時間がかかりそうですね。

リンドバーグ男爵が考える計画とはいったい何なのでしょうか。もうラチア公爵家はお金に困っていないので、どのような手段でリンドバーグ男爵が迫るのか気になるところです。

←前回 今回 次回→
第13話 第14話 第15話

>全話ネタバレ一覧はこちら

 

-韓国漫画ネタバレ