韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ13話】緑陰の冠の最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「緑陰の冠」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」はこちら!

←前回 今回 次回→
第12話 第13話 第14話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「緑陰の冠」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。


【13話】ネタバレ

ユスタフに用心

リンドバーグ男爵から話をしたいと要求され、彼の元を訪れたラン。

彼はまず始めに、ユスタフに用心しなさいと言ってきた。

彼はランの地位を狙っていて当主になるつもりである。そしてランの首が飛ぶ可能性もあると。

元々2年後にはユスタフを当主にするつもりのランだが、確かに自分の身がどうなるかはわからないと思っていた。

そしてリンドバーグ男爵は畳みかけるように、ランが診てもらっている治療師の素性を話始める。

その治療しは前妻が連れてきた者であり、ランの母も頭痛薬を飲んでいたが効き目がなかったのだと。

ランはその話を知らなかった。なんなら原作者である彼女が設定していない要素が全部埋まっている。

彼女が知らない出来事があってもおかしくないのだ。

自分こそがランの味方であると主張するリンドバーグ男爵だが、その忠告に感謝しつつ、味方かどうかを決めるのは私ですとランは言って笑いかけた。

そこまででリンドバーグ男爵との話し合いは終わり、ランは疲れ果てるのだった。

矛盾

リンドバーグ男爵との話し合いが終わり、ランの元にはユスタフがアイスティーを持って現れた。

そのアイスティーを美味しく一気飲みするラン。

そんな彼女を見てユスタフは、一気に飲み干してよろしいのですか?と問いかけてくる。私が毒でも持ったらどうするおつもりですか?と。

もちろん彼はそのアイスティーに毒を入れてはおらず、その話に安心するラン。

そしてユスタフはランのことを不思議そうな目で見つめ、考えていた。

仲良くなったから殺されないと考えて、その人の言動を信用するのは納得できる。

逆にいつ殺されるかもしれないと疑い、その人を警戒するのも理解できる。

しかし、いつ殺されるかもしれないと思いつつ警戒しないのは矛盾している。

ユスタフはとってはまさにランがそのように見えていたのだ。

その話を聞いて、ユスタフが当主になったら私を殺すかもしれないって考えたことはあると話すラン。

だからそうならないように頑張るよと言って自分の両手をギュッと握り合わせた。

でも殺されても仕方ないかなって思ったりもする、と彼女が言うと部屋の空気は一気に重たくなり、沈黙が辛く感じる。

すると突然ユスタフが立ち上がり、なぜそんなことを考えているのですか?と問うのだった。

【13話】感想

後半はかなり本音トークって感じですね。殺されるかもと思ったこともあるとついに話しましたね、ランは。

そして殺されても仕方ないかなとも。そんな彼女の本心に、ユスタフはどう思うのでしょうか。

出来ればランが前向きになれるような返答をしてくれるといいのですが。笑

←前回 今回 次回→
第12話 第13話 第14話

>全話ネタバレ一覧はこちら

 

-韓国漫画ネタバレ

Copyright © ハンタメ , 2020 All Rights Reserved.