韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ12話】緑陰の冠の最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「緑陰の冠」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」はこちら!

←前回 今回 次回→
第11話 第12話 第13話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「緑陰の冠」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。


【12話】ネタバレ

イルミニティ伯爵の娘

ランはユスタフにお姫様抱っこをされて、自分の部屋まで運ばれていた。

ふとランは思い出したように、イルミニティ伯爵の令嬢が病気のようだと言う。治療師もどんな病気かわからないのだと。

原作ではイルミニティ伯爵は薬が手に入るという話に騙されて、ラチア公爵家を裏切っていた。

今ならまだ止められるはずだと思い、ランはゴールデンローズに薬を頼もうと考えるのだった。

お姫様抱っこのまま部屋に着き、ユスタフはランをベッドに寝かせ、ゆっくり休んでくださいと言う。

部屋に一人になったランは、ユスタフがたくましくなっていたと感じるのだった。

侮れない男

ユスタフはリンドバーグ男爵に1万ベラトの利息分の借金を返済する。魔石を売ったお金で余裕で返せるようになっていたのだ。

全額入った袋をドサッと目の前に置くユスタフに、目を疑うリンドバーグ男爵。

どうやってこんな大金を?と信じられない様子だ。

これでは公爵家を我が物とする計画が台無しだと思い、一応袋の中を確認するが、それは間違いなく本物の金貨である。

直接ランに合わせるよう要求するリンドバーグ男爵に、ユスタフは彼女は多忙だから会うなら約束を取り付けて下さいと言う。

リンドバーグ男爵は途中まで怒鳴りかけていたが、途中で冷静になり、約束を取り付けてくれるまで何時間でも待たせてもらうと言うのだった。

部屋を出たユスタフは、彼のことを侮れないなと感じた。もし怒りに任せて怒鳴り散らしたら追い出せたのだがと思うのだった。

敵か味方か

ユスタフが部屋を出ると、外ではロスが待っていた。

ロスは、ランについてどう思っているかをユスタフに聞く。それは敵か味方かという意味である。

その質問に対し、敵だとしたら彼女に勝る脅威はないだろうと答えるユスタフ。

ランは当主の座に就いてわずかな時しか経っていないが、公爵家の皆が臨時当主を信頼している。私も然り…

ユスタフはそう思った。

そして、もし6か月後に帰って来ていたら、居場所はなかっただろうとも感じるのだった。

リンドバーグ男爵がランに会いたがっていることをユスタフは報告した。

清々したと思うと同時に、一体何を話すんだろうとも考えるラン。

彼女はあまり気が進まない様子だが、仕方ないから会って話を聞こうと思うのだった。

【12話】感想

リンドバーグ男爵は面倒くさいですね。1万ベラト用意できたのだから、もう大人しく受け取って引いてくれればいいのに。笑

もうお金がある状態なのでランには強気で対応してもらいたいと思ってしまいます。

←前回 今回 次回→
第11話 第12話 第13話

>全話ネタバレ一覧はこちら

 

-韓国漫画ネタバレ

Copyright © ハンタメ , 2020 All Rights Reserved.