韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ32話】男主人公を誘惑するつもりはありませんでしたの最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「男主人公を誘惑するつもりはありませんでした」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」や「みんなの感想・レビュー」はこちら!

←前回 今回 次回→
第31話 第32話 第33話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「男主人公を誘惑するつもりはありませんでした」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。

【32話】ネタバレ

※韓国版を読んだものを簡単にまとめました。

討伐への出発前日

ハクメールシア討伐に行くこととなったリアン。

出発の日は明日に迫っている。

リアンが皇居にいるとき、エイブロト公爵とロウエン公爵が一緒に彼のもとへやって来た。

というのもエイブロト公爵はリアンが何を考えているのか、彼の気持ちに興味があって直接聞いてみたいのだ。

あなたは本当にエレノア男爵夫人がいいのですか?と彼女が率直に聞いてみると、そうです!とリアンは即答した。

エレノアこそが自分の運命の人だとリアンは断言する。

それだけ気持ちが固いのであればもう何も言えないねとエイブロト公爵は思った。

そしてちょうどそこにはフロイド公爵夫人がやって来る。

久しぶりの母子の再会であり、エイブロト公爵とロウエン公爵は気を使って席を外すのだった。

久しぶりの母子再会

久しぶりに顔を合わせたフロイド公爵夫人とリアン。

再会を喜びつつ、フロイド公爵夫人は息子が死地に向かうことを心配している。ハクメールシアはそれだけ危険な魔獣なのだ。

ただリアン本人は大丈夫だから心配しないでと。

それから話はエレノアの話題に。

彼女に会いましたよね…?と切り出すリアン。どうやらシャンカルンホテルでのことはリアンの耳にも届いているようだ。

そしてリアンはフロイド公爵夫人の力を借りたいと言う。ハクメールシア討伐で自分が不在の間、エレノアを守って欲しいと。

リアンがそんなことを言うのはこれまでありえなかった。それだけエレノアのことを心から守りたいのねとフロイド公爵夫人は感じた。

またリアンはフロイド公爵夫人に、エレノアの側にいたらいずれ彼女のことを好きになるでしょうと言う。

そんなに自信があるのね…とフロイド公爵夫人は思った。

もうリアンは出征の準備をしなければということで、2人は最後の言葉を交わす。

くれぐれも気を付けてね…とフロイド公爵夫人は息子の無事を願い、2人は別れるのだった。

エレノアとはどんな人物か

息子との挨拶を終えて戻ってきたフロイド公爵夫人をブレインが迎える。

リアンがあんなにその女を好きだなんて信じられないわ…と彼女は驚いている様子。

実際に会話してみて、リアンの気持ちが本気であることが伝わったようだ。

最初は僕もそう思ったんですが…とブレインは切り出し、そして彼の知っているエレノアのこれまでについて少し話した。

社交界で軽く見えるような姿とは異なり、夫が亡くなった後に男性との恋愛は一度もなかったらしいと。

それからスカイ・ペイドラ公爵と一夜を過ごしたものの、何もなかったらしいとも。

スカイ・ペイドラと言えば、女性に対して遠慮するような男ではない。そんな美人をそばに置いて手を出さないはずが…とフロイド公爵夫人は戸惑った。

一体エレノアはどんな人なんだろう…?と彼女は思うのだった。

【32話】感想

リアンはハクメールシア討伐への出発が明日に迫り、母であるフロイド公爵夫人と久しぶりに再会しました。

今回のフロイド公爵夫人は息子を心配する母の表情でした。

そばにいたらエレノアことを好きなるとリアンが言っていましたが、彼の言う通りになってフロイド公爵夫人が味方になったら心強いですね。

リアンが不在の間、皇帝クラウスや皇女アイリーンがエレノアの命を狙ってくると思いますが、何とか乗り切って欲しいです。

←前回 今回 次回→
第31話 第32話 第33話

>全話ネタバレ一覧はこちら

-韓国漫画ネタバレ