韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ25話】男主人公を誘惑するつもりはありませんでしたの最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「男主人公を誘惑するつもりはありませんでした」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」や「みんなの感想・レビュー」はこちら!

←前回 今回 次回→
第24話 第25話 第26話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「男主人公を誘惑するつもりはありませんでした」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。

【25話】ネタバレ

※韓国版を読んだものを簡単にまとめました。

そこにスカイが現れ

ペイドラ大公によると、明日は皇帝や公爵たちが集まる大事な会合が開かれるという。

会合について気にするエレノアだが、それよりも息子と仲良くして欲しいと言うペイドラ大公。あわよくば結婚までこぎつけようと考えているのだろうか。

何と答えようかとエレノアが困惑していると、ちょうどそこにスカイが現れた。

本人の前で話をするわけにもいかず、ペイドラ大公は仕方なく部屋を出て行くことに。

そしてエレノアはスカイと部屋に2人きりになったわけだが、彼はプレゼントがあると言って一通の手紙を渡してくる。

それはブレインから預かったリアンの手紙だ。

エレノア宛のその手紙には、会いたいという旨が書かれており、ある鍵が同封されていた。

それはペリシティのシャンカルンホテルのもののよう。あそこはもうすぐ売却されるはずじゃ…とエレノアは疑問に思った。

リアンがオークションでそのホテルを落札したことは知る由もない。

またスカイは自分あてにも手紙が入っていたと言うが、その内容はエレノアには教えてくれないのだった。

明日がチャンス

エレノアは部屋に戻り、そして明日のことについて考えていた。

ペイドラ大公の話によると、明日は皇帝と公爵たちの大事な会合があるらしい。

それならばおそらくスカイも離宮を離れ、そして帝国中の注目がすべてその会合に注がれるだろう。

それならチャンスは明日しかない…!

エレノアはそう思いながら、自分の指にはめているストリングストーンを見つめているのだった。

全ては道理に従って

皇女宮ロサグランデでは、人々がエレノアのことを悪く言っていた。

そして離宮とは言えエレノアのことを皇居に入れたスカイにも少し批判が集まっているようである。

エレノアは低劣な女だと陰口を言われ、だからリアンから捨てられたのだろうなどと言う者もいる。

そんな話をニヤッと笑って聞いている者が。皇女アイリーンだ。

世間がエレノアのことを批判するのが嬉しくて仕方ないようである。

そしてアイリーンのもとにはフロイド公爵夫人が訪れた。彼女もまた北部から会合のために皇居にやって来たのである。

2人は親しそうに挨拶を交わし、そして今日の会合で全ては道理にしたがって進むでしょうとフロイド公爵夫人は言う。

その通りだとアイリーンは思った。この世は全て道理に従って進み、リアンと共になるのが自分の運命であり道理そのものだと。

結局あなたは私のものになるしかない!とアイリーンは思っているのだった。

【25話】感想

スカイはリアンからの手紙をちゃんとエレノアに渡してくれたようですね。捨てたり内容を書き換えたりということもあるのではと疑っていましたが…。そこはちゃんとしているみたいです!

そして会合の日がチャンスだと思いストリングストーンを見つめていたエレノア。きっとビアンカに会いに行くのでしょう。誓約を結ばされていたという真実が明らかになるのが楽しみです。

会合の日になり、フロイド公爵夫人も皇居を訪れてアイリーンと挨拶を交わしていました。2人は親しそうですね。フロイド公爵夫人もアイリーンの卑劣な裏の顔を知らないのでしょう。

逆にアイリーンの本性を知っているのは登場人物でビアンカだけなのでしょうか…?ゾッとしてしまいます。

会合がどうなるのか楽しみですね。

←前回 今回 次回→
第24話 第25話 第26話

>全話ネタバレ一覧はこちら

-韓国漫画ネタバレ