韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ23話】男主人公を誘惑するつもりはありませんでしたの最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「男主人公を誘惑するつもりはありませんでした」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」や「みんなの感想・レビュー」はこちら!

←前回 今回 次回→
第22話 第23話 第24話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「男主人公を誘惑するつもりはありませんでした」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。

【23話】ネタバレ

※韓国版を読んだものを簡単にまとめました。

計画の変更

皇帝クラウスとカラーブリア公爵の密約。それは皇帝クラウスがリアンを引き取るということ。

自分の血が帝国史上最も強大な皇帝になれるということでカラーブリア公爵も受け入れたようだ。

しかしその計画途中で変更された。皇女アイリーンの存在によって変わったのである。

皇帝は子供を授かることを拒否し、皇后を受け入れさえしなかったが、突然現れた女性との間に子供を作ってしまった。

それで生まれたのがアイリーンだ。彼女は私生児だったのである。

皇帝クラウスはアイリーンが生まれてから人が変わり、娘を溺愛するように。

そしてアイリーンが一生幸せに暮らせることを望み、彼女が皇后になるのがよいと考えた。

そのため、元々はリアンを養子として迎え入れるつもりだったが、計画を変更して今ではアイリーンの結婚相手として彼を迎えようとしているのである。

リアンを強制する方法

リアンをアイリーンの結婚相手にしたい皇帝クラウスだが、実はリアンを強制する方法があるようだ。

どうやら誓約を結んでいるのだと。ただリアンのようにプライドの高い人間に誓約の存在がバレたら、絶対受け入れないだろうとも思っていた。

もしそれで結婚したとしても、アイリーンが一生恨まれることになるだろうと。

だからリアンに選択肢を与えると皇帝クラウスは言う。

危険な任務を与え、もしアイリーンと結婚するならその任務をなしにするというもの。

それもリアン自身なら自らの命のために自分を曲げたりしないだろうから、リアンの母クリスティ・フロイド公爵夫人を餌にするというのだった。

フロイド公爵夫人への伝達

北部の寒い地域にいるクリスティ・フロイド公爵夫人。

彼女のもとには首都から連絡が届いた。それは皇帝と公爵たちの会合に参加するようにという命令である。

今回の会合は息子リアンのスキャンダルについてだということで、フロイド公爵夫人の顔は少し険しくなった。

彼女に伝えられた情報では、相手はエレノア男爵夫人でリアンとのスキャンダルをネタに金稼ぎをしていると。

数日前にフロイド公爵夫人はリアンから手紙を受け取っており、紹介したい人がいると伝えられていた。それがエレノア男爵夫人かと呆れた様子のフロイド公爵夫人。

私の息子を利用してお金を稼ぐなんて実に抜け目のない女だ…!と憤っている。

フロイド公爵夫人はすぐに首都へ向かうのだった。

ビアンカの背後に黒幕か

エレノアはクララと今回の毒殺未遂事件について話していた。

毒を盛ったのは間違いなくビアンカだろうが、しかしなぜそのようなことをしたのだろうかと。

特にビアンカから恨みを買ったような覚えはない。

もしかしたら誰にやらされたのではないかと思うエレノア。それも逆らえない状況だったのではと。

クララと会話する中で、呪術だったらそれが可能なのではという話に発展する。呪術は今では法律で禁止されているものだが、貴族令嬢が殺人も辞さない条件となればあり得そうだ。

そしてクララは、おばさんから聞いた話で沈黙の誓約というものがあると言う。

口外を禁止された言葉を伝えられなくなる誓約。話そうとすれば奇怪な音に変わり、書いて伝えようとしても変な文字に変わってしまう。

エレノアはワインを飲まされた時のことを振り返り、確かにビアンカが何か言おうとしていたものの奇怪な音として聞こえたことを思い出した。

状況から考えるとまさに沈黙の誓約のようである。

クララ曰く、誓約を結んでいる証である刻印は他人からは見ることができないが、ただ一つ呪術を確認する方法はあると言う。

それはストリングストーンというものを持って、呪術にかかった人と素肌を合わせること。そうすれば誓約者を結んでいる糸が目に見えるのだとか。

もしこれが本当に呪術のせいだと仮定するなら、さらに危険な状況になる前にビアンカを利用した本当の黒幕を見つけなければならない。

自分の目で助かめなければと思い、エレノアはクララにストリングストーンを探すよう頼むのだった。

【23話】感想

皇帝クラウスは娘アイリーンを溺愛しているみたいですね。彼女が狡くて悪い人間だとは父も知らないのでしょうか。

一方会合に参加するよう伝達が届いたフロイド公爵夫人ですが、彼女にはエレノアが悪いように伝わっているようです。エレノアが気の毒で仕方ない…。

フロイド公爵夫人がちゃんと物分りの良い人であることを願いたいです。

そしてエレノアはクララと事件の真相について話し、ビアンカが沈黙の誓約を結ばされているのではないかというところまでたどり着きました。まさにその通りですね。

推測だけでそこまでたどり着けるなんて驚きですし、クララが呪術に少し詳しかったのが役に立ちました。

エレノアにはビアンカを助け出して欲しいですね!

←前回 今回 次回→
第22話 第23話 第24話

>全話ネタバレ一覧はこちら

-韓国漫画ネタバレ