韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ15話】男主人公を誘惑するつもりはありませんでしたの最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「男主人公を誘惑するつもりはありませんでした」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」や「みんなの感想・レビュー」はこちら!

←前回 今回 次回→
第14話 第15話 第16話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「男主人公を誘惑するつもりはありませんでした」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。

【15話】ネタバレ

失敗していた計画

寡婦と結婚するだと!?お前は何を考えているんだ!!

そのような怒鳴り声がカラーブリア公爵邸内に響き渡る。

エレノアにプロポーズするつもりだという旨をリアンが父カラーブリア公爵に伝えたわけだが、父の猛反発を受けているのだ。

そしてカラーブリア公爵は密かに計画していた作戦の失敗を悔いていた。

数日前のこと。カラーブリア公爵は皇女アイリーンと少し話をする機会があった。

伯爵様が私と結婚するとしたら帝国の期待に応えようとする義務感からですわ…と言うアイリーン。でも一夜を共にしたりしない限りはそうする理由がありませんわ…とも。

それは暗に仕向けるアイリーンの策略だったのか。カラーブリア公爵はリアンを眠らせて皇女の部屋に放り込もうという計画を立てた。

責任感の強いリアンなら一夜を共にすれば結婚するだろうと。

しかし当日リアンは皇宮から姿を消したため、作戦が決行されることはなかったのだ。

今となって計画失敗を悔いるカラーブリア公爵。

彼は断固としてリアンとエレノアの結婚を認めようとしないのであった。

お互い一歩も引かず

どうしてもエレノアとの結婚を認めない父カラーブリア公爵。

彼もまたフロイド家と政略結婚をしており、後悔したことは一度もないと主張する。

しかしリアンの母は彼を生んですぐフロイド家に戻り、それから一度も訪ねてきたことはなく、その事実をリアンは理解していた。

それからカラーブリア公爵は、エレノアが無事ではないだろうと脅し始める。反逆罪に問われてもおかしくないだろうと。

するとリアンの表情は険しくなり、父を睨みつけながらこう言った。

そんな罪を問うというのなら皇帝陛下は本当の反逆に備えるべきです!と。エレノアに危害が加わることがあれば、彼が反逆を起こすという意思表示なのだろうか。

父上の考えが変わったら戻りますと言ってリアンは席を立つ。

まだ話は終わっていないぞとカラーブリア公爵は引き留めるが、リアンはそのまま部屋を出て行くのだった。

怒り狂うカラーブリア公爵

リアンが部屋を去った後、カラーブリア公爵はガシャンとグラスを床に叩き叩き落す。相当怒り狂っているようだ。

あの女を家の呼んだのが間違いだった…!と思うカラーブリア公爵。

息子が女性に興味を持つために恋愛指南のカリスマとして彼女を呼んだのである。

そしてカラーブリア公爵にはまだ打つ手があるよう。

リアンの地位は伯爵に過ぎず領地も首都から遠い。そのため彼は今抱えている騎士団を維持するためにカラーブリア家の財力を必要としている。

そのためカラーブリア公爵は支援を打ち切り降参させて、その隙にエレノアを社交界に追い出そうというのだ。

カラーブリア公爵は今日のリアンとの会話が外に漏れないよう補佐役に指示する。もし漏れた場合は今日邸宅内にいた全員の首を切ると。

そして今後エレノアが出るパーティーにはカラーブリア公爵家は絶対に出席しないと伝えろと命じるのだった。

【15話】感想

まあカラーブリア公爵を説得できるはずもないですよね…。想像通りの反発という感じです。

リアンの出かた次第ではエレノアに危害が加わりそうなので、そこは何とかうまくやって欲しいですね。

今のところカラーブリア公爵や皇帝を納得させるなど絶望的な感じがしますが、果たしてリアンとエレノアの運命はどうなるのでしょうか。

今の状況をひっくり返すような逆転劇に期待ですね。

←前回 今回 次回→
第14話 第15話 第16話

>全話ネタバレ一覧はこちら

-韓国漫画ネタバレ