韓国漫画ネタバレ

【ネタバレ14話】男主人公を誘惑するつもりはありませんでしたの最新話のネタバレと感想!最終話の結末まで更新

ピッコマで公開されている「男主人公を誘惑するつもりはありませんでした」のネタバレと感想になります。

あらすじ」や「漫画や小説の先読み方法」や「みんなの感想・レビュー」はこちら!

←前回 今回 次回→
第13話 第14話 第15話

>全話ネタバレ一覧はこちら

「男主人公を誘惑するつもりはありませんでした」の漫画は「ピッコマ」で公開されています。

【14話】ネタバレ

覚悟を決めたリアン

エレノアにプロポーズするという旨を伝えるために父カラーブリア公爵に会いに行くリアン。

彼はエレノアの言う通りだと感じた。今のまま交際しても彼女は地位や仕事を全て失うことになる。

まずは彼女が安心できる確かなものが必要なのだ。

リアンは拳をグッと握りしめ、覚悟を決めて父のところへ向かうのだった。

ペイドラ公国の首長

ハスカトル皇宮の別宮。

そこにはペイドラ公国の首長ロベール・ペイドラ大公と息子のスカイ・ペイドラ公爵がいた。

誕生祭のためにハスカトル帝国を訪れていた彼らだが、帰国を先延ばしにしたほうが良さそうだとペイドラ大公は言う。

というのも息子スカイにチャンスが巡ってきたからと。

彼は皇女アイリーンの婚約が破綻になりそうだという情報を聞きつけ、息子を皇女の結婚相手にしようと企んでいるのだ。

しかし皇女は自分なんて眼中にないだろうとスカイは答える。

ペイドラ公国はハスカトル帝国の影のような存在。数百年前にハスカトル帝国の皇帝から最初に大公位を授かり、正式な公国として独立した国だ。

しかし表面的には独立だが実際は切り離されたようなもの。

その力関係は歴然であり、当然アイリーンとスカイの身分も天と地ほどかけ離れている。仮に結婚したとしてもただ操り人形として扱われるだけだろうとスカイは理解していた。

それに加え、アイリーンのような女性はスカイの好みではない。

彼は賢くて気品もあるが夜は妖艶な一面もある女性を求めているのだった。

リアンとスカイの関係

リアンは身分の低い女と恋に落ちて皇女を振ったらしいとペイドラ大公は言う。美しい寡婦に心を奪われたようだと。

その話をスカイはとても信じられなかった。あのリアン・カラーブリアが身分の低い女と?と疑問に感じて困惑する。

というのも昔スカイはリアンと同じ貴族学校に通っており、彼がどういう人物なのかを知っていたのだ。

当時スカイが14歳だった時、生まれ持った頭脳で天才と呼ばれていた。そこに11歳の新入生リアンが入ってきたのである。

リアンはスカイ以上の天才であり、当然自分のものだと思っていたトップの座を一気に奪われてしまった。

剣術を始めとした武術では全く歯が立たなく、代わりにリアンが興味のなかった薬草学や呪術などの学問では勝ったものの、彼が悔しがるような素振りはなく。

どうやら初めからリアンはスカイに何の関心もなかったようだ。

他人に一切関心のない男リアンが誰かに興味を示すなど、スカイにはとても信じられなかった。

スカイはニヤッと笑い、そして部下のジェニートを呼び出す。

彼はリアンが恋に落ちたという相手を詳しく調べるようにとジェニートに命じるのだった。

激昂するカラーブリア公爵

一方リアンは、エレノアにプロポーズするという旨を父カラーブリア公爵に伝えていた。

しかし当然そんな話を父が認めてくれるはずもなく。

寡婦と結婚するだと!?お前は何を考えているんだ!!

そのような怒鳴り声が響き渡り、カラーブリア公爵は激昂するのだった。

【14話】感想

ペイドラ公国の首長なる人物とその息子が登場しました。

どうやらペイドラ大公は自分の息子を皇女アイリーンの結婚相手にしたいようですが、当の本人は乗り気ではないよう。

スカイの好みだという”賢くて気品もあるが夜は妖艶な一面もある女性”って、まさにエレノアなのでは?笑

彼は部下に調査を命じていましたが、もしかしたらエレノアに接触して一目惚れしちゃうなんて展開もありそうです!

そしたら貴族学校時代と同様にリアンとスカイの戦いが見れますね。

どんな展開に発展していくのか楽しみです!

←前回 今回 次回→
第13話 第14話 第15話

>全話ネタバレ一覧はこちら

-韓国漫画ネタバレ